子どもに「エナジードリンク」は危険! 米スポーツ医学会が「飲ませるな」と警告

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
子どもに「エナジードリンク」は危険! 米スポーツ医学会が「飲ませるな」と警告の画像1

子供にエナジードリンクは危険!(depositphotos.com)

 エナジードリンクの危険性については、本サイトでも過去にいくつか紹介してきた。今回、「米国スポーツ医学会(American College of Sports Medicine:ACSM)」が、また新たな声明を出したので紹介したい。

 2018年2月、ACSMに発表された論文のタイトルは「Energy Drinks : A contemporary Issues Paper」、日本語にすると「エナジードリンクの現在の問題」だ。この論文では、エナジードリンクの現在のエビデンスなどを報告しているが、特に子どもに対するエナジードリンクの危険性についてまとめている。

米スポーツ医学会が「子どもに飲ませてはいけない」

 論文では、オーストラリアにおける7年間の追跡研究で、運動の前にエナジードリンクを飲んだ場合、運動の後に「震え」「頻脈」「吐き気」などの症状を起こす人が一定数現れたことを報告。

 さらにアメリカでは、エナジードリンクによる12年間で5103の症例のうち、死亡が1例、深刻な症状が24例、中等度の症状が527例と報告されており、そのうちの約半分が6歳未満の子どもだったという。

 これらのことから米国スポーツ医学会では、「子どもにおけるエナジードリンクは悪影響が強く、深刻な症状を引き起こす可能性があるため、子どもに対してはエナジードリンクの販売を制限もしくは停止する必要がある」と述べている。

 さらに「子どもが目につくような場所でのコマーシャルなどは行うべきではない」とも表明している。

 もし、エナジードリンクを摂取するとしても、運動の前後では飲むべきではなく、運動におけるパフォーマンスの向上は一時的なものであり、それよりもデメリットのほうが強いことを認識すべきである。

そもそも成人を基準にした安全な量

 問題点として挙げられるのは、子どもを含む多くの消費者が「エナジードリンクはエナジー(力)がみなぎるもので、健康に良いものだ」と思っている点にある。

 たとえば、現在、小学生や中学生がエナジードリンクを飲んでいる光景を見るが、その安全な量は、あくまでも成人を基準に作られているため、体格の小さい子どもには危険である。

 さらにエナジードリンクに含まれるカフェイン量は、子どもにとってはコーヒーに代表されるカフェイン飲料すら飲んだことがない可能性があり、その状態でエナジードリンクを飲むことにより、カフェインの効果がより強く出現する可能性がある。

 エナジードリンクは、カフェイン含有量に制限がなく、さらにアメリカなどの海外メーカーが開発しているため、日本人にとって体に負担がかかりすぎる可能性があるのだ。

三木貴弘(みき・たかひろ)

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curtin大学に留学。オーストラリアで最新の理学療法を学ぶ。2014年に帰国。現在は、医療機関(札幌市)にて理学療法士として勤務。一般の人に対して、正しい医療知識をわかりやすく伝えるために執筆活動にも力を入れている。お問い合わせ、執筆依頼はcontact.mikitaka@gmail.comまで。

三木貴弘の記事一覧

三木貴弘
難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆