子どもに「エナジードリンク」は危険! 米スポーツ医学会が「飲ませるな」と警告

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
子どもに「エナジードリンク」は危険! 米スポーツ医学会が「飲ませるな」と警告の画像1

子供にエナジードリンクは危険!(depositphotos.com)

 エナジードリンクの危険性については、本サイトでも過去にいくつか紹介してきた。今回、「米国スポーツ医学会(American College of Sports Medicine:ACSM)」が、また新たな声明を出したので紹介したい。

 2018年2月、ACSMに発表された論文のタイトルは「Energy Drinks : A contemporary Issues Paper」、日本語にすると「エナジードリンクの現在の問題」だ。この論文では、エナジードリンクの現在のエビデンスなどを報告しているが、特に子どもに対するエナジードリンクの危険性についてまとめている。

米スポーツ医学会が「子どもに飲ませてはいけない」

 論文では、オーストラリアにおける7年間の追跡研究で、運動の前にエナジードリンクを飲んだ場合、運動の後に「震え」「頻脈」「吐き気」などの症状を起こす人が一定数現れたことを報告。

 さらにアメリカでは、エナジードリンクによる12年間で5103の症例のうち、死亡が1例、深刻な症状が24例、中等度の症状が527例と報告されており、そのうちの約半分が6歳未満の子どもだったという。

 これらのことから米国スポーツ医学会では、「子どもにおけるエナジードリンクは悪影響が強く、深刻な症状を引き起こす可能性があるため、子どもに対してはエナジードリンクの販売を制限もしくは停止する必要がある」と述べている。

 さらに「子どもが目につくような場所でのコマーシャルなどは行うべきではない」とも表明している。

 もし、エナジードリンクを摂取するとしても、運動の前後では飲むべきではなく、運動におけるパフォーマンスの向上は一時的なものであり、それよりもデメリットのほうが強いことを認識すべきである。

そもそも成人を基準にした安全な量

 問題点として挙げられるのは、子どもを含む多くの消費者が「エナジードリンクはエナジー(力)がみなぎるもので、健康に良いものだ」と思っている点にある。

 たとえば、現在、小学生や中学生がエナジードリンクを飲んでいる光景を見るが、その安全な量は、あくまでも成人を基準に作られているため、体格の小さい子どもには危険である。

 さらにエナジードリンクに含まれるカフェイン量は、子どもにとってはコーヒーに代表されるカフェイン飲料すら飲んだことがない可能性があり、その状態でエナジードリンクを飲むことにより、カフェインの効果がより強く出現する可能性がある。

 エナジードリンクは、カフェイン含有量に制限がなく、さらにアメリカなどの海外メーカーが開発しているため、日本人にとって体に負担がかかりすぎる可能性があるのだ。

HIVも予防できる 知っておくべき性感染症の検査と治療&予防法
世界的に増加する性感染症の実態 後編 あおぞらクリニック新橋院内田千秋院長

前編『コロナだけじゃない。世界中で毎年新たに3億7000万人超の性感染症』

毎年世界中で3億7000万人超の感染者があると言われる性感染症。しかも増加の傾向にある。性感染症専門のクリニックとしてその予防、検査、治療に取り組む内田千秋院長にお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

あおぞらクリニック新橋院院長。1967年、大阪市…

内田千秋

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子