糖質制限のダイエットグルメフェスを開催~ローカーボの世界へようこそ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 いまや「糖質制限食」は、ダイエットや糖尿病の治療などで選択される有効な方法のひとつ。糖質は三大栄養素の「炭水化物」に含まれていて、血糖値を上げる原因だ。

 血糖値が上がりすぎると、下げるためにインスリンが追加分泌される。これを1日3食、朝昼晩、頻繁に繰り返すと、膵臓も疲れ、内臓脂肪が増え、メタボリックシンドロームに陥りやすくなる。

 そこで、ご飯、麺、パンなどの炭水化物(糖質)は控えめに――というのが糖質制限だ。そして、炭水化物の代わりに、肉や魚、卵などの動物性タンパク質、脂質を増やす食事を心がける。

 日本では「ローカーボ」と呼ばれる糖質を抑えた食事は、英語の「low-carbohydrate(ローカーボハイドレイト)」の略語。ローカーボは健康志向の人に広がり、一般の人にも認知されてきた。

おいしくローカーボな生活を

 とはいえ、健康的であってもおいしくなければ一過性のものになって、長続きしない。そこで、糖質制限をメインにしたおいしくて楽しい、グルメフェスを紹介したい。

 2018年5月19日(土)と20日(日)、中野パークアベニュー(中野駅徒歩5分)で「第1回ダイエットグルメフェスローカーボ革命2018」が開催される。

 フェスには、ローカーボを謳った飲食店が並び、ゲストとして、美尻トレーナーの岡部友さん、大食いアイドルのもえのあずきさん、糖質制限で著名な宗田哲男医師、糖質制限食を加えた学習方式を提唱する三島学さんらを招き、トークショーやサイン会なども開催する。

 このフェスの実行委員長であるローカーボ料理研究家の藤本なおよさんは、「ダイエットや美容、アンチエイジング、病気予防にもオススメの食事法です」と、ローカーボの効用を挙げて、フェス開催までの経緯と意義をこう述べる。

 「今回のフェスは、多くの人に『ローカーボ』を知って欲しいという思いで企画をスタートしました。同じ志を持つ仲間と一緒に実行委員会を立ち上げ、2日間で延べ2万人規模のイベントを目指しています」
    
 そして「ローカーボには、さまざまな選択肢があります。多くの方が、おいしくて楽しいローカーボの世界に触れて、さらにその認知が広がれば、関連商品もより多く流通するはず。飲食店やコンビニでも、もっと簡単にローカーボ商品の購入が可能になります」と将来の可能性を話してくれた。

睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆