米国心臓協会「品数の多い食事は健康によい」を否定! むしろ肥満になるかも?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
米国心臓協会「品数が多い食事は健康によい」を否定! むしろ肥満になるかも?の画像1

食品数が豊富な食事は健康に悪い!?

 1日に多くの食品をバランスよく食べることが健康によいとは限らないようだ。

 「米国心臓協会(AHA)」は、『Circulation』(8月9日オンライン版)で「豊富な種類の食品を食べることが適正体重の維持につながるというエビデンスはない」とする新たな声明を発表した。

 報告をまとめた米テキサス大学公衆衛生大学院疫学・ヒト遺伝学・環境科学のMarcia de Oliveira Otto氏は、「食品の数を増やそうとすると健康的な食品だけなく、健康に悪いものも含まれてしまう。こうした食べ方は、食べる量を増やし、肥満を助長する可能性がある」と話している。

 米国をはじめ世界各国では、長い間、食事や栄養に関する勧告の中で、「栄養バランスを取るためには1日にできるだけ多くの種類の食品を食べること」が推奨されてきた。

 こうした考え方は食事の多様性(dietary diversity)と呼ばれるが、多様な食品を食べることが健康に与える影響について、見解は一致していなかった。

幹細胞治療でCOVID-19の重症化抑制と予防の可能性
『新型コロナに対する幹細胞治療が注目』後編  スタークリニック院長竹島昌栄医師

前編『新型コロナ治療の救世主となるか 幹細胞治療の成果に注目』

いまだ世界的に猛威を振るう新型コロナウイルス。その治療薬やワクチン開発が進む中、注目を集めているのが幹細胞による治療だ。幹細胞治療に詳しいスタークリニックの竹島昌栄院長に話を聞いた。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子

大阪大学大学院言語文化研究科教授。米国ウィスコン…

杉田米行