シリーズ「美味しいローカーボ生活のススメ」第2回

サバ缶で痩せる!? 話題のサバ煮缶を使った簡単なローカーボ・レシピ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
サバ缶で痩せる!? 話題のサバ煮缶を使った簡単なローカーボ・レシピの画像1

テレビで「サバ缶で痩せる」が取り上げられ人気に(depositphotos.com)

 テレビ番組で「サバ缶で痩せる」という話題が取り上げられ、現在、サバ缶の売り上げは前年に比べて3〜5割増になっているそうです。

 サバ缶は低糖質で、しかも栄養満点な商品。まさにダイエットにオススメの優等生。値ごろ感もあって、コンビニやスーパーでも手軽に購入できるので、「ローカーボ(糖質制限)」生活に取り入れない手はありません。

サバ缶でなぜ痩せる?

 サバ缶の魅力のひとつは、その安さ。ローカーボ(糖質制限)では、タンパク質や脂質を中心としたメニューとなるので、上手な食材選びも長く続けるためのコツといえます。

 サバ缶なら1缶100円前後。「ローカーボ・メニューは食費がかかる」という課題もクリアしてくれる優秀な商品です。長期的には漁獲量は減っていますが、サケやサンマに比べて安定していて、手頃な価格が魅力です。

 そして、サバは「青魚の王様」と呼ばれているくらい栄養価の高い魚です。ヒトの体内ではほとんど作れない、必須脂肪酸の「DHA(ドコサヘキサエン酸)」「EPA(エイコサペンタエン酸)」を豊富に含みます。

 DHAやEPAは、脳の神経伝達を再生し、記憶力・注意力・判断力を維持する働きがあるといわれています。EPAには、「GLP-1」という別名「痩せホルモン」を出す働きや食欲の増加を抑える働きがあるため、ダイエットフードとしてもオススメなのです。

 「ローカーボ」「低糖質」と観点からも、サバ缶はほとんど糖質はありません。コンビニでも購入できる手軽さから、サラダチキンの次にサバ缶ブームが到来するかもしれません。

 できれば、より低糖質なサバ缶を選ぶなら、味噌煮よりも水煮缶を使ったほうがいいですね。そんな優れた食材を用いて、手軽にできる簡単レシピ、忙しい日のお弁当にレシピをご紹介します。

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

一般社団法人日本薬業研修センター漢方講座執筆・編…

笹尾真波

新宿大腸クリニック院長。1988年、東京大学医学…

後藤利夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆