火を使わずおいしくできる! 熱中症に負けないレシピ 上手に補給したい「エン・テツ・サン」

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
netsusyosyoku.jpg

レバーなどの動物性食品に含まれる非ヘム鉄は体内に吸収されやすいshutterstock.com

 全国各地で気温35度以上の猛暑日が続き、熱中症に倒れる人も続出している。水分をこまめにとるなどの対処法は多くの人が心がけているはず。また、あっさりした食事にかたよりがちだが、暑さに負けないための栄養をとることも心がけたい。栄養士で料理研究家の若宮寿子さんに、手軽でおいしい熱中症対策の食事について緊急取材した。

熱中症対策はエン・テツ・サン

 若宮さんは「熱中症対策として、エン(塩)・テツ(鉄)・サン(酸)を、とることを心がけていただきたいですね」とポイントを指摘する。

 塩は、汗とともに流れ出てしまうので、その補給をしなければならない。酸は、梅干しやレモンに多く含まれていて、疲労回復によい。そして、意外と見落とされがちなのが、鉄の補給である。血液は全身に酸素を運んでいるが、鉄分が不足して貧血状態になると、体内が酸素不足になる。すると、さまざまな不調をきたし、当然、熱中症にも負けやすくなる。

 「食物に含まれる鉄には、ヘム鉄と非ヘム鉄があります。ヘム鉄はレバーやカツオの血合いなど動物性食品に含まれます。非ヘム鉄は小松菜やほうれん草などの野菜と、ひじきなどの海藻に含まれます。そして、ヘム鉄のほうが非ヘム鉄よりも、体内に吸収されやすいという特徴があります」

 最近ちょっと鉄が足りないなと感じたら、ヘム鉄をとれば吸収されやすいわけだ。ちなみに厚労省が発表している1日あたりの鉄の推奨摂取量は、男性(30~69歳)が7.5㎎、女性(30~69歳)が10.5mgである(月経がない場合は6.5㎎)。栄養は食物からとるのが基本だが、緊急の場合はコンビニなどで手に入る鉄分配合のゼリー飲料やサプリメントで鉄分を補給してもよいだろう。

惣菜品も上手に使えばワンランク上の一品に

 夏の食事は、どうしても口当たりのよい、素麺やざる蕎麦ばかりになって、栄養のバランスがかたよりがちになる。

 「たとえば、串焼きのレバーを買ってきて、串からはずして添えるだけでもよいのです。そのレバーをニラともやしで炒めれば、あっという間にレバニラ炒めになります。いくらカラダによい料理だからといっても、キッチンで長時間火を使えば、熱中症のリスクが高くなってしまいますから、手軽においしく、ということも大切でしょう」

 若宮さんに、火を使わないでおいしくできる熱中症対策レシピを2つ紹介してもらった。涼味たっぷりの栄養満点レシピで、暑さを乗り切りたい。

若宮寿子(わかみや・ひさこ)

栄養士、米国(NSF)HACCP9000コーディネーター、FCAJ公認フードコーディネーター。
神奈川県横浜市出身 山脇学園女子短期大学食物科卒業。9年間企業にて社員の栄養指導、給食管理を行い 栄養改善にて都知事賞を受ける。1995年より若宮ヘルシークッキングスタジオ主宰。ヘルシー料理教室を通じ、健康維持のため食生活の大切さを伝え 第一次予防を目指し生活習慣病予防等に努める。外食企業、ホテル、レストランにてフードコンサルタントを行い ヘルシーレシピ開発等に従事。テレビ、雑誌等メディアを通じあらやる年代に「食」の大切さを伝えている。
著書の「しょうが365日」泉書房は3か国語に翻訳されている。他に「大人の自炊」泉書房、「体にいい食材の便利帳」宝島社 他多数。

若宮寿子の記事一覧

若宮寿子
自由な発想で事業を拡大!看護師が起業した「訪問看護ステーション」の成長の秘訣
インタビュー「訪問看護ステーション」前編:Recovery International株式会社代表・大河原峻さん

訪問看護の業界において、これまでの訪問看護の枠に囚われない自由な発想で事業を拡大し急成長を遂げている訪問看護ステーション「Recovery International株式会社」。同社を運営するのは大河原峻氏に、今回は同社の設立のきっかけや展望について話を聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

神戸市垂水区 名谷病院 内科勤務。1987年 産…

吉田尚弘

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

つつみ病理相談所http://pathos223…

堤寛