糖質制限食「ローカーボ」もグルメ志向に! ダイエットや糖尿病治療などで注目

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
locabo.jpg

7月17〜18日に開催された「2015 ロカボグルメフェスティバル」(公式HPより

 ダイエットや糖尿病治療などで注目されている「糖質制限食」。従来、糖尿病治療の分野では「ローカーボ」といわれているが、より気軽に糖質制限を行う「ロカボ」という言葉も、最近では登場している。ロカボは、いわゆる「低糖質食」のことを指すこともある。糖質を抑えた食事は、糖尿病の治療食としてだけでなく、ダイエット志向の一般人にまで広がっている。

 そんな低糖質食が最近、進化を遂げている。糖質制限では、ご飯やパン、パスタ、ケーキ類などの炭水化物(糖質)を多く含む食べ物を避ける。そうなると選択できる食品やメニューが限られてくるのだが、もっと楽しく、美味しく味わおうとする潮流になってきているのだ。

ロカボグルメフェスティバルが開催

 糖質制限のグルメ化を象徴する「2015 ロカボグルメフェスティバル」(7月17〜18日)が開催された。「一般社団法人 食・楽・健康協会」が、東京丸ビルで行ったものである。目的は、糖質制限食及び食後高血糖の啓発。有名シェフやパティシエたちを呼び、彼らが監修した低糖質グルメメニューが食べられたり、トークショー、低糖質商品の展示やサンプリングなどが行われたりと、糖質制限食をあらゆる角度から楽しめるイベントになった。

 イベントで提供されたロカボメニューを見ると、グリコの糖質オフのパスタやそばを使用したもの、ラカントSを使った低糖質抹茶ロールケーキ、低糖質フレンチトースト、ローソンのブランパンを使ったサンドイッチなど、いずれもうまく低糖質食材や調味料を利用してアレンジされている。聞いただけで思わず食べたくなるメニューばかりだ。

レストランでのロカボメニュー最前線

がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔