糖質制限食「ローカーボ」もグルメ志向に! ダイエットや糖尿病治療などで注目

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
locabo.jpg

7月17〜18日に開催された「2015 ロカボグルメフェスティバル」(公式HPより

 ダイエットや糖尿病治療などで注目されている「糖質制限食」。従来、糖尿病治療の分野では「ローカーボ」といわれているが、より気軽に糖質制限を行う「ロカボ」という言葉も、最近では登場している。ロカボは、いわゆる「低糖質食」のことを指すこともある。糖質を抑えた食事は、糖尿病の治療食としてだけでなく、ダイエット志向の一般人にまで広がっている。

 そんな低糖質食が最近、進化を遂げている。糖質制限では、ご飯やパン、パスタ、ケーキ類などの炭水化物(糖質)を多く含む食べ物を避ける。そうなると選択できる食品やメニューが限られてくるのだが、もっと楽しく、美味しく味わおうとする潮流になってきているのだ。

ロカボグルメフェスティバルが開催

 糖質制限のグルメ化を象徴する「2015 ロカボグルメフェスティバル」(7月17〜18日)が開催された。「一般社団法人 食・楽・健康協会」が、東京丸ビルで行ったものである。目的は、糖質制限食及び食後高血糖の啓発。有名シェフやパティシエたちを呼び、彼らが監修した低糖質グルメメニューが食べられたり、トークショー、低糖質商品の展示やサンプリングなどが行われたりと、糖質制限食をあらゆる角度から楽しめるイベントになった。

 イベントで提供されたロカボメニューを見ると、グリコの糖質オフのパスタやそばを使用したもの、ラカントSを使った低糖質抹茶ロールケーキ、低糖質フレンチトースト、ローソンのブランパンを使ったサンドイッチなど、いずれもうまく低糖質食材や調味料を利用してアレンジされている。聞いただけで思わず食べたくなるメニューばかりだ。

レストランでのロカボメニュー最前線

妊活はシチュエーションを変えることも大事 不妊治療は愛情の確認から
インタビュー「『射精障害』での不妊が増えている」第3回:岡田弘医師(獨協医科大学埼玉医療センター・泌尿器科主任教授)

「非婚化」「晩婚化」と並んで、結婚した夫婦の間でも子どもができなくなっていることが、人口減少の一因であることは論をまたない。獨協医科大学埼玉医療センターの泌尿器科主任教授・岡田弘氏の診察室には、男性が原因で不妊となっている夫婦が数多く訪れる。なかでも近年、急速に増えているのが、挿入はできるけれど、女性の中で射精できない「膣内射精障害」だという。

Doctors Select

2017年4月より、はるひ呼吸器病院(愛知県)病…

堤寛

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志