"MOTTAINAI"を体現した「サルベージ料理」が廃棄食品を救う! ルーツは京都の"しまつ"にあり?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
salvage.jpg

初心者はおにぎりから。刻んで加熱して混ぜるだけ


 環境分野で初のノーベル平和賞を受賞した、ケニアのワンガリ・マータイさんを記憶しているだろうか。彼女が2005年に来日した際、非常に感銘を受けたというのが「もったいない」という日本語だった。

 この「もったいない」という言葉は、ゴミ削減(Reduce)再利用(Reuse)、リサイクル・再資源化(Recycle)の3つのR=環境3Rをひとことで表せる。さらに4番目のR、尊敬の念(Respect)までも込められているとし、「MOTTAINAI」を世界のアイコトバとして広めていく活動を行っていた。

 ワンガリさんはその後、惜しくも2011年に永眠。その精神を尊び、日本人の心に「もったいない」があらためて刷り込まれたことは確かだ。

 だが一方で、日本は世界1、2位を争う食品廃棄大国だ。年間1900万トン~2700万トンともいわれる日本の食品廃棄量。そのうち、「まだ食べられるのに捨てている」、いわゆる「フードロス」「食品ロス」は500万トン~900万トンにも及ぶ。

 ひとり当たり、年間15キロものフードロスを生み出している計算だ(平成21年農林水産省統計)。自給率の低い日本は、食の多くを輸入に頼っている。だが、お金に換算すると200兆円以上かけて食材を輸入し、結果的にはその半分の約100兆円分を廃棄していることになる。

料理のMOTTAINAI、「サルベージ料理」

 

 「もったいない」思想の正反対にある日本だが、最近「サルベージ」という言葉が料理のトレンドとなっている。

 本来「サルベージ」は、サルベージ船などの「引き揚げ」や、IT業界のデータサルベージの「復帰作業」のように、救助する、助け出す、復帰させるなどを意味する。

 料理でのサルベージは、出番をひたすら無言で待つ食材たちを「救出する」ことだ。缶詰、調味料、乾物などをはじめ、家の冷蔵庫や食品棚には、半分眠ってしまっている食材がある。

 使い切らずに残った粉類、重複して買った調味料......。冷蔵庫や食料庫の片隅に残る食材を、見て見ぬふりをしている人はいないだろうか。「使い切れなかった野菜は週末にカレーにでも」、それでも"救い出せない"食材があるはずだ。

 それらを救出するのがサルベージ料理。「食材を救うためにみんなでできること」と謳い、知恵を集め、レシピを公開しているサイトも人気だ。

 料理研究家や人気シェフなどを招いた、イベントやセミナーも盛況だ。サルベージを提唱する料理は、もてあましている食材をただ使い切るというのではない。その素材にスポットをあて、きちんと役割を与え、おいしい料理として食卓にのぼらせる。

 「こんな使い道があった!」とレシピの幅が広がり、「こう使ってみよう」と新たな発想も生まれ、ワクワクする。時にはみんなで食材を持ち寄り、工夫を凝らした「サルベージパーティー」を催す。

 食材を使い切ることを美徳とする考え方は、和食の世界では古くからある。食材をあますところなく使い切ることが、"命"をいただくことへのリスペクトなのだ。

 京都の方言に「しまつ」という言葉がある。「節約する」、「倹約する」、「無駄遣いをしない」ことを表す、つまりは「もったいない」の考え方だ。

 酸っぱくなったたくあんは、ゴマ油で炒めて煮て、出汁をとったあとの鰹節と混ぜ、冷やしていただく。捨てられがちな根菜の皮は、実は栄養がある。うすあげとともにおからにまぜて「おからのたいたん」に。野菜のゆで汁は、モヤシの上からかけて熱を通したり、まな板を洗えば肉や魚のニオイもとれる。まさにサルベージの発想である。

 サルベージ料理初心者には「おにぎり」を勧めたい。保存のきく、味の濃い缶詰などは、残り野菜とともにみじん切りにして火を通し、ごはんにまぜこめば、たいていおいしいおにぎりに変身する。発酵させる、漬ける、干すなどの昔ながらの方法も、食材をよみがえらせてくれる。塩ひとつでしなびた大根が箸休めの漬け物になる。

 食の新たなトレンドとして脚光を浴びつつある「サルベージ料理」。一部の人だけが実践したり、流行で片付け廃れてしまっては、もったいない。
(文=編集部)

部下や同僚が「うつ病」になったら? リワークのプログラムの提供施設は全国200以上に拡大
インタビュー「職場でのうつ病の再発を防ぐ」秋山剛医師(NTT東日本関東病院精神神経科部長)

第1回:「障害」が疑われる人の<うつ休職>
第2回:「新型うつ」はどう治す?
第3回:部下や同僚が「うつ病」になったら?
うつ病で休職中の社員が、毎日決まった時間に病院に通い、同じうつ病の仲間とともに再発を防ぐためのプログラムを受けることが「うつ病のリワーク」と呼ばれ注目を集めている。

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

こくらクリニック院長。1963年生まれ。1991…

渡辺信幸

新宿大腸クリニック院長。1988年、東京大学医学…

後藤利夫