尿の薬物検査で発覚した清原和博の薬物依存〜使用履歴がすべて暴露される検査とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
kiyohara_03.jpg

写真はOFFICE KIYOHARA OFFICIAL WEB SITEより

 2月2日、警視庁は、元プロ野球選手の清原和博容疑者(48)を覚せい剤取締法違反(所持)容疑で逮捕した。東京警察病院で清原容疑者から採尿し、鑑定したところ、覚せい剤の陽性反応を確認。逮捕直前の1週間以内に覚せい剤を摂取したと判断した。覚せい剤の陽性反応を調べるのが、薬物検査だ。清原容疑者の尿に残留した覚せい剤は、どのように鑑定されたのか。

覚せい剤は、尿に3〜5日、血液に1〜3日、毛髪に90日〜1年も残留する

 薬物は、覚せい剤(アンフェタミン、メタンフェタミン、エフェドリン)、大麻、あへん、麻薬(モルヒネ、ヘロイン、コカイン、LSD、MDMA)、危険ドラッグ(脱法ハーブ)、向精神薬(トリアゾラム、フルニトラゼパム、ニトラゼパム)などに分類される。

 それぞれの薬物の残留期間は、アンフェタミンやメタンフェタミンなら、尿に3~5日、血液に1〜3日、毛髪に90日〜1年だが、個人差がある。清原容疑者の使用した覚せい剤は判明していない。また、血液や毛髪の検査が行なわれたかどうかも定かでない。

 だが、覚せい剤の使用は、尿検査で確認されることが非常に多い。覚せい剤は、エタノールやクロロホルムなどの有機溶媒に溶けやすいので、尿から抽出できる。抽出した薬物をGC(ガスクロマトグラフィー質量分析計)やGC/MS(ジーシー・マス)で分析すれば、覚せい剤の成分を特定できるのだ。

 覚せい剤が尿から検出されるまでを時系列で追ってみよう。アンフェタミンを摂取後、2〜3時間で尿中への排泄が始まる。10〜12時間でアンフェタミンが最高濃度になる。以後、数日間に渡って尿中に検出される。

 ただし、メタンフェタミンの場合は、摂取後4日間でおよそ90%が排出されるため、最長でも摂取後10日以内に検査しなければならない。清原容疑者の尿からや覚せい剤の成分が検出されたことから、逮捕の数日以内に摂取していた可能性が高い。

 薬物検査は、尿検査のほかに毛髪検査もある。毛髪検査は、覚せい剤の使用から日数が経過したために、尿から反応がない場合に行なわれる。エタノールやクロロホルムなどの有機溶媒を用いて成分を抽出する。検出量は、毛髪1mg当たり10億分の1g〜1兆分の1gの微量だが、GCやGC/MSを使えば、高精度の鑑定が行える。

 また、毛髪の寿命は3〜6年なので、過去6年の薬物の使用履歴がすべて分かる。つまり、いつから使い始め、いつまで使っていたかも推定できる。毛髪以外の陰毛、胸毛、脇毛などからも検査ができる。

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

一般社団法人日本薬業研修センター漢方講座執筆・編…

笹尾真波

新宿大腸クリニック院長。1988年、東京大学医学…

後藤利夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆