SMAP解散を予兆! 27年目のNG解禁に挑んだ稲垣吾郎さんに“現実の見極め” か?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
heights.jpg

高所恐怖症の克服に“現実の見極め” まる/PIXTA(ピクスタ)

 NHKがいち早く報じ、朝日新聞も一面扱いにした人気グループSMAPの解散・分裂(説)騒動。国民的人気5人衆の青天の霹靂報に「列島激震」の文字が躍った。
 
 ジャニーズ事務所に残留の意志を固めた木村拓哉さん以外の4人は、「育ての親」とされる女性チーフマネジャーと独立を決意。ところが、思い直して事務所にとどまろうとする動きを見せたが、すでに解散は避けられない情勢だという。

 一連の解散報道にジャニーズ事務所が、「協議・交渉」中の事実をFAX通知で認めたのは1月13日。その2日前の11日に放送された、バラエティ番組『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)内で、当人たちが意識しての言動か、はたまた無意識下で零れた心情吐露か……。兆候が読み取れるような事前場面があった。

「吾郎ちゃん」が27年目のNG解禁を

 それは他のメンバーも思わず驚愕した、稲垣吾郎さんをめぐる一大椿事。稲垣さんといえば「高所恐怖症」で有名。「距離の長いエスカレーターもダメ」と吐露するほど。

 事務所との契約でも「絶対、バンジージャンプはやらない」条件が交わされており、この27年間、ジェットコースターや観覧車などの落下・降下モノ企画は絶対NGを貫き通してきた。

 その彼が「2016年、新たな自分と出会うために……」と覚悟を決めて、高さ20m・全長445mのワイヤー上を滑車で急降下。滑走後、「もう、何でも行けるんじゃない」と感想をもらした。

 SMAP全員でそのVTRを観ながら、中居正広さんがこれまで稲垣さんが高所NGで仕事を続けてきた理由を「“5人だったら”甘えられるんだよ」と指摘。ちなみに番組の収録は、昨年12月24日。この言葉も、今となっては妙に意味深に映る。

 そんな稲垣さんが、同番組の人気コーナー「フィーリングデート」で“日本最長の空中アスレチックロングジップスライド”による「千葉で日本一のターザニア体験」を果敢にもクリアした。これに出演者全員が、唖然としたのだ。

高所恐怖症の克服に「エクスポージャー(exposure)」

「がん免疫療法」の情報が氾濫~正しい知識を得るのが<がん克服>のカギ
インタビュー 進行がんは「免疫」で治す 第1回 昭和大学教授 角田卓也

<第4の治療>として注目されている「がん免疫療法」。がん免疫療法の最前線で研究を続けてきたエキスパートである昭和大学の角田卓也教授に、その種類と効果、実績などを元に、一般の人が「正しく治療法を選ぶための知識」について訊いた。

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

滋賀医科大学社会医学講座(法医学)教授、京都府立…

一杉正仁

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘