イーグルスのグレン・フライさんの命を奪った「関節リウマチ治療薬」による副作用の危険

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Glenn.Frey.jpg

1月18日に亡くなったグレン・フライさん(写真はイーグルスの公式HPより)

 「ホテル・カリフォルニア」をはじめとする数々の名曲で知られるアメリカのロックバンド「イーグルス」。その創立メンバーであるグレン・フライさんが、1月18日、ニューヨークで逝去した。享年67。

 バンドの公式ウェブサイトによると、死因は関節リウマチ、性潰瘍性大腸炎、肺炎による合併症とのこと。数週間にわたる闘病の末、力尽きたという。

 イーグルスは1971年に結成された。カントリーやハードロックを織り交ぜたサウンドと鉄壁のハーモニーにより、世界的に絶大な人気を獲得、シングルとアルバムの総売上は優に1億万枚を超えている。フライさんはギターとボーカルを担当、「テイク・イット・イージー」や「ニュー・キッドイン・タウン」などでリードボーカルをとっている。またソロシンガーや俳優としても活躍した。

 バンドはライブに定評があった。1994年に再結成して以来、昨年の7月末まで毎年のようにツアーを行っており、昨年だけで38回ものライブをこなしている。その後、フライさんは闘病生活に入り、数週間前に病状が悪化、そしてついに帰らぬ人となった。

かつては一生、痛みと付き合わなければならなかった関節リウマチ

 フライさんの死因のひとつとなった、関節リウマチとはどんな病気なのだろうか? 
 
 関節リウマチは、関節が炎症を起こし、軟骨や骨が破壊されて関節の機能が損なわれ、放っておくと関節が変形する。腫れや激しい痛みを伴い、関節を動かさなくても痛みが生じるのが、他の関節の病気と異なる点だ。

 手足の関節で起こりやすく、左右の関節で同時に症状が生じやすいことも特徴だ。その他にも発熱や疲れやすい、食欲がないなどの全身症状が生じ、関節の炎症が肺や血管など全身に広がることもある。

 そうした症状に陥るのは、免疫の働きの異常が原因である。本来は外部の細菌やウイルスを攻撃するのが役割の免疫が、誤って自己の細胞や組織を攻撃してしまうのだ。日本では70万人以上の患者がおり、その8割は女性。発症のピークは30~50歳だ。

 以前は、治療が難しい病気として知られ、一生、痛みと付き合っていく覚悟が求められた。しかし、現在では新しい薬のおかげで「寛解」状態を維持させることが可能になってきた。

安倍首相も苦しんだ潰瘍性大腸炎、副作用をもたらした薬が何かは明かされず

胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫