障害をネタに笑いを誘う寝たきり芸人「あそどっぐ」究極の個性が爆発!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
asodog.jpg

熊本が生んだ寝たきり芸人・あそどっぐ参上〜〜!!

 今年8月、いよいよ開催されるリオデジャネイロオリンピック&パラリンピック。メダルが期待される選手の情報についても、報道が活発になってきた。

 同時に、これまでスポットが当たらなかったパラリンピックの情報も以前よりも取り上げられるようになった。障害を持つ選手たちが競技に向かう真摯な姿勢には、興味深いものがある。

 もちろん、社会的に注目を集める障害者は、アスリートの世界だけにかぎらない。芸術の世界で独自性をアピールする人、社会貢献に励む人……。そしてお笑いの世界でもプロを目指す人がいる。

ヘルパーに手伝ってもらい動画サイトに投稿

 熊本県在住の「寝たきり芸人“あそどっぐ”」(阿曽太一さん・37歳)は、脊髄性筋萎縮症のため、顔以外は動かすことができない。重度身体障害者のため、24時間介護が必要だ。

 彼がお笑いの道に進むきっかけとなったのは、17歳のとき。通っていた養護学校で、先輩に半ば脅されて披露したコントが意外にも大受けし、味をしめた。

 一人暮らしの現在、お笑いの台本を作ってはヘルパーに手伝ってもらい撮影し、動画サイトに投稿している。寝たきりだから、勝負は表情と語り。これまで30本以上のネタを発表し、プロの芸人を目指している。

 あそどっぐの“売り”は、自らの障害を使った自虐ネタ。たとえば、「ヒーロー戦士・アソアソマン」では、世界征服を企む悪の組織の怪人に、姑息な手段で立ち向かう。

 「か弱く無抵抗な寝たきり障害者を攻撃するなんてできないよなー、心が痛むよなー、世間の目が怖いよなー!」と言って、敵がひるんだ隙に、伝家の宝刀・アソアソビームで倒す(笑)。ひょうひょうとしたモノローグも笑いを誘う。

 他愛もない内容だが、ほかの誰かもが真似できない、障害を元に生み出された彼のオリジナル。障害は究極の個性なのだから、当然といえる。

障害者に笑わせてもらおう!

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真