成宮寛貴を<引退>に追い込んだ薬物報道~彼は本当に「コカイン」におぼれていたのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
narimiya.jpg

あまりの急展開に追いつかず……元所属事務所のHPにはその姿が(トップコートHP・12月10日時点)

 俳優・成宮寛貴(34)が12月9日に発表した芸能界引退は、ファンや芸能関係者にとどまらず、一般世間にも大きな衝撃を与えた。
 
 薬物使用の嫌疑をかけられた記事に端を発した引退劇の余波は、いまだ続いている。来年1月から放送予定の連続ドラマ『就活家族~きっと、うまくいく~』(テレビ朝日)に出演予定だった成宮の降板が決定。すでに撮影は開始されていたという。

 また、彼の代表作のドラマ『相棒』の再放送の差し替えが決定。CM4本も中止になるなど、巨額の違約金が発生するとみられている。

 この一件は、ASKAや清原和博、高知東生など有名人に蔓延する薬物事件に連なるニュースとして、真相の追究も含めて尾を引きそうだ。

「消えてなくなりたい」

 事の起こりは、12月2日発売の写真週刊誌『FRIDAY』(講談社)記事記事「成宮寛貴『コカイン吸引』疑惑の現場写真!」。

 成宮とされる男性が、グラスの先のシートに手を伸ばしている写真を掲載。記事によると、写真の提供者は成宮の友人とされる男性で、成宮から「クスリを買ってきて」と言われるのに嫌気が差し、関係を断ち切るために告発に踏み切ったというのだが……。

 これに対して、成宮の所属事務所は即座に「事実無根」と否定する声明を出し、成宮本人も「非常に憤りを感じる」とコメント。さらに尿検査を行なった結果、陰性だったことを明らかにし、「民事・刑事問わずあらゆる法的措置をとる」と表明していた。

 だが、12月9日発売の『FRIDAY』で、成宮がクスリを要求する生々しい音声データの存在が明らかになることが判明すると事態が一転、引退表明に至った。

 成宮は、報道各社に向けて芸能界引退についてFAXを送信。その文面には、次のような気になるメッセージが綴られていた。

 「全ての原因を作ったのは自分自身」「心から信頼していた友人に裏切られ複数の人達が仕掛けた罠に落ちてしまいました」「絶対に知られたくないセクシャリティな部分もクローズアップされて」

 「言葉では言い表せないような不安と恐怖と絶望感に押しつぶされそう」「自分のプライバシーが人の悪意により世間に暴露され続けると思うと、自分にはもう耐えられそうにありません」

 そして、「今すぐこの芸能界から消えてなくなりたい」――。だが、薬物使用をあらためて否定する言葉はなかった。

がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔