ピコ太郎『PPAP』が疲労回復に効く? 「強迫性障害」の人ほどハマる「脳内ループ」現象の謎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
pikotaro.jpg

「♪ペンパイナッポーアッポーペン~」(画像はアマゾンデジタルビデオより)

 You Tube ランキングで日本人初の1位に輝き、全米ビルボード総合チャート(10月19日付)で77位に入った、ピコ太郎の世界的大ブレイク曲『ペンパイナッポーアッポーペン』(以下、『PPAP』と略す)。

 ここまで話題を呼ぶ以前から文字情報としては把握していたが、添付画像の独特な風貌(コスプレ?)に苦手意識が働き、実は本稿執筆まで一回も「動くピコ太郎とその話題曲」には一度も触れてこなかった。

 観た結果、「どこが面白いのか?」の論議を別にすれば、ストライクでハマる人がいるのは理解できるし、PPAPの旋律と単調な歌詞が一日中頭から離れないという人もたしかにいるだろう。

ピコ太郎『PPAP』が脳内ループするのはなぜ?

 そこで本題だ。ピコ太郎の登場を待つまでもなく、昔から、振り払おうとしても耳にこびりついて残響するCM音楽や、「無限ループ」の脳内蟻地獄状態を巻き起こすおバカフレーズの類いは幾例も存在した。この現象を指して「イヤーワーム」なる言葉もある。

 ほかにも古今東西の「ピコ太郎現象」を表わす言葉が世界各国にあり、ドイツでは「ohrwurm」、フランスでは「Musique entetante」、イタリアでも「canzone tormentone」という呼び方が使われてきた。

 また、米国の名高き作家、マーク・トウェインの1876年上梓作品のなかにも、脳内ループ曲に関する描写が出てくるというから面白い。

脳内ループの真相は解けず

 が、この、ヒトの脳裏にこびついて離れない音楽の「反芻現象」、その真の原因究明となると、21世紀を迎えた現在も核心的な結論を導きだすには至っていない。

 最近の米国・心理学会誌上に載った一説を要約すれば、該当曲の条件は「単純すぎず/複雑すぎない」という二律背反性を有しているようだ。要は、聴く者が思わずカラダを揺するような速さと軽快なリズム感に富み、単純な旋律構造ながらも音程の上下動が繰り返されるなど、「童謡」に多く見られる傾向をもつ作品が該当する。

 しかも、シンプルな均一感で進みつつも不意打ちの如く、独特の音程が挿入されて意表をつくような楽曲が耳底にこびりつく度合いが高いという。では、ピコ太郎以前の表現者ではいったい誰の楽曲がそんな条件に合致しているかといえば、各国研究陣の調査結果でもダントツ票をはじき出しているのがレディ・ガガ作品なのだ。

 とりわけ『Bad Romance』を脳内ループ曲の筆頭にあげる被験者回答が圧倒的だが、他にも『Just Dance,Pararazzi』や『Alejandro』など、英詞の内容がわからない聴き手でもタイトルの語感だけでこびりつきそうな予感を覚える作品がガガ様には多い。

「強迫性障害の人に顕著」とする説も

 こうしたリピート現象の原因説としては、他にも「単純な聴き過ぎ」説や、歌詞に散りばめられた日常言語から刷り込まれる「連想鼻歌」説。あるいは執着心の強い人がハマりやすいとされ、なかでも「強迫性障害の人に顕著」とする説などがあり、聞けば同障害の治療薬を服用したら脳内反芻現象が減った人もいるそうな。

 では、鼻歌として愉しんでいるうちは何ら問題はないものの、一夜漬けでものを憶えなくてはいけない時とか、人一倍の平静さが問われる場面でいきなりKYな侵入者よろしく無意味で場違いな旋律の呪縛に見舞われてしまったら、どう対処したらいいのか?

 心理学系の専門家が勧めるのは「アナグラムを解く」方法だ。たとえば、「アナグラム→グアム(と)奈良」というように文字の並び替えによる一種の言葉あそびによって、こびりついた旋律から気をそらす試みだ。誰かと喋って気を紛らわすのも得策とか。

外反母趾や足裏のつらい痛みに「ゆったり靴」はNG!自分の足の個性に合う靴選びを
インタビュー「インソールで健康増進&機能アップ」第2回 日本フットケアサービス㈱代表取締役社長 大平吉夫

足の形は普段履いている靴や生活習慣の影響を受けるが、顔と同じように、生まれつき決まっている部分も大きい。一人ひとりで異なる足の個性に合わせて靴を選び、インソール(靴の中敷き)を使うことで、日常生活を支障なく過ごせるだけでなく、自分の能力を最大限に発揮させることができそうだ。人の目にさらされる機会がほとんどない、地味な存在のインソールだが、実に多様な機能を発揮しているようだ。義肢装具士の大平吉夫さんに詳しく聞いた。
第1回「インソールで体調が改善、疲れにくく生活が楽になる!運動も楽しめる!」

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

神戸市垂水区 名谷病院 内科勤務。1987年 産…

吉田尚弘

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真