新垣結衣・星野源さん主演ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』~<契約結婚>は現実に成立する?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 TBS系ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(毎週火曜日22時~)が好評だ。通称<逃げ恥(ニゲハジ)>、今期のヒットドラマに化けそうな予感である。

 職なし・彼氏なし・居場所なしの25歳ヒロイン<森山みくり>役を新垣結衣さんが愛らしくも凛々しく、好演。相手役の星野源さんが扮するのは、恋愛経験なしで「プロの独身」を自称する草食系エンジニア<津崎平匡>。

 原作は『月刊Kiss』で連載中の海野つまみ氏の同名漫画だが、新垣・星野のWキャストが<契約結婚>というぶっ飛んだ設定をうまく裁き、<社会派ラブコメディ>という難儀さを見事にクリアしている。

 ドラマの内容は、就活全敗(内定ゼロ)で派遣切りされた院卒生のみくりが、ひょんな縁から津崎のハウスキーパーを頼まれて、母親ゆずりの「家事力」を発揮。

 津崎に気に入られて継続が成立するが、突然引っ越しが決まり、親との同居か独立かを問われる――。

<ビジネス婚>は月給19万4000円?

 窮地のみくりが深い考えもなく津崎に口走ったのは、「仕事としての結婚」。あまりにも唐突な暫定案だが、激務から倒れてみくりの看病を受けた津崎は現実的に試算し、<契約結婚>の提案を受け入れる――。

 就活・非正規雇用・派遣切りという今日的なテーマに加え、契約結婚や家事代行も盛り込んだ設定を、巧妙な脚本と好演出で魅了する。

 ドラマの中では、夫=雇用主/妻=従業員という<ビジネス婚>を月給19万4000円と算出。「機会費用法(OC法)」に基づく専業主婦一人あたりの年間無償労働評価額を「知ってます、304.1万円!」と、みくりが答える場面もさりげなく差し込まれた。

 ドラマでのみくりの時給は2000円だったが、現実の家事代行業の相場はいかほどか。斯界の評価ランキング・サイトで上位企業の時給例を閲覧すると、(週1回の月単位契約の場合で)税別2190~2600円前後という料金設定だった。

胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

くにたち駅前眼科クリニック院長。1986年、東京…

高橋現一郎

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇