声優・田中一成さんの命を突然奪った脳幹出血 40~50代を襲う後遺症の恐怖

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
13281860.jpg

<脳幹>は呼吸や心臓の動きなどを司る中枢(depositphotos.com)

 昨年10月10日、声優・田中一成さん(享年49)が「脳幹出血」で亡くなった。既婚者にして二児のパパでもあった彼の半生を突如奪った「脳幹出血」は、予測不能なじつに恐ろしい病だった。

 洋画やアニメ作品が人一倍好きな少年として育ち、いつの頃からか「吹替えものに出てみたい」と考えるようになったという田中さん。高校生になるとダメ元の一念発起で、声優の名門・青二塾のオーディションに挑戦して見事合格!

 田中さんの足跡を検索すると、<大阪府出身>と<大阪芸術大学放送学科卒業>の間に、<青二塾大阪校第2期卒業>という文字が輝かしく鎮座している。

 自己申告によれば、柔道をやっていたために当時から体躯がよく、面接官から「掛け声をやってみてください」と乞われた実演したのが合否の決め手になったのでは、ということだ。

急死の前々日も元気な投稿を

 声優デビューは1991年、OAV(オリジナル・アニメーション・ビデオ)『ウィザードリィ』のライフスティーラー4役。初レギュラーは翌年の『まぼろしまぼちゃん』(渡しブタ役)だった。

 ほかにも『ハイキュー!!』の烏養繁心役をはじめ、『名探偵コナン』『地獄先生ぬ~べ~』『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』など、数多のアニメ作品に出演していた田中さん。

 <『ハイキュー!!』3期第1話視聴終わりました!/観てくれた方、本当にありがとうございますm(_ _)m/引き続き、よろしくお願いしゃーす‼>

 これは急逝のわずか3日前、10月7日に本人のツイッターで遺された視聴者への感謝の弁である。

 その翌日も、彼はこうつぶやき、襲い来る死の影など微塵も感じさせていない。

 <クマの湯バンドもお披露目いたします。ゲストも濃いよ〜夜の部よろしくお願いいたしますm(_ _)m>

 田中さんの趣味はギターとバイクのツーリング、そして中国武術とお酒好き。なかでもギター好きは十代からのバンド活動をはじめ、声優になってからも<LIPPERS>や<道頓堀ダイバーズ>というアコースティックユニットを結成している足跡からもわかる。

がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真