マツコ・デラックス「めまい」で入院  三半規管にウイルス混入か?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
マツコ・デラックス、「めまい」で入院  三半規管にウイルス混入か?の画像1

『マツコ危機一髪DX』 メーカー希望小売価格:3,000円(税抜)(タカラトミーHPより)

 11月12日、タレントのマツコ・デラックス(45)が体調不良で東京都内の病院に入院した。

 所属事務所(ナチュラルエイト)によれば、三半規管にウイルスが混入し、めまいやふらつきなどを発症したため、10日に入院。点滴と投薬を受けたが、食欲もある。マツコは「迷惑かけて、みなさんに申し訳ない」などと話している。

 13日に放送のTOKYO MX「5時に夢中!」(月~金曜午後5時~)は欠席。1週間程度は休養の予定。来週以降のスケジュールは医師と相談して決めるという(日刊スポーツ2017年11月13日)。

マツコの「めまい」は、「耳からくるめまい(良性発作性頭位めまい、メニエール病)か?

 何事も大事をとるのが賢明だ。たかが「めまい」と侮ると怖い。

 「めまい」は、「脳からくるめまい(中枢性めまい)」と「耳からくるめまい(良性発作性頭位めまいやメニエール病など)に分かれる。

 マツコは、「三半規管にウイルスが混入し、めまいやふらつきなどを発症」したので、「耳からくるめまい(良性発作性頭位めまい、メニエール病)かもしれない。

 フラフラする「耳からくるめまい(良性発作性頭位めまい症やメニエール病)は、血液の循環障害(椎骨脳底動脈循環不全、起立性低血圧、不整脈)、耳の炎症、中毒(アルコール、ストレプトマイシン)、腫瘍などによって、内耳、前庭神経、脳の中心部の橋、小脳などの平衡感覚機能が障害されると起きやすい。

 頭を動かした時に回転性めまいが起き、耳鳴りや難聴がない場合は良性発作性頭位めまいで、2~3週間で自然に治癒する。一方、めまいに難聴、眼振、嘔吐が伴えば、メニエール病で、続けて投薬しなければ再発し、難聴も悪化する。

 そのふらつき感は脳全体の循環不全や酸素欠乏によって起こり、脳や首の骨、筋肉(頸性めまい)の異常でも起こる。その他、低血圧、貧血、過労、睡眠不足、肺の病気による酸素不足、精神的ストレスなどによって発症する場合もあるので、軽視してはいけない。

 マツコほどの剛健さがあれば心配無用!と思いたいところ。無事に復帰してほしい。
(文=編集部)

離島での事業継続と都市型のドミナント戦略の共存で急成長の訪問看護ST
インタビュー「訪問看護ステーション」後編:Recovery International株式会社代表・大河原峻さん

前編『自由な発想で事業を拡大!看護師が起業した「訪問看護ステーション」の成長の秘訣』
訪問看護の業界において、これまでの訪問看護の枠に囚われない自由な発想で事業を拡大し急成長を遂げている訪問看護ステーション「Recovery International株式会社」。同社を運営する河原峻氏に、今回は同社が進める離島での訪問看護事業、今後のビジョンなどについて話を聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

神戸市垂水区 名谷病院 内科勤務。1987年 産…

吉田尚弘

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

つつみ病理相談所http://pathos223…

堤寛