「ながらスマホ運転」を厳罰化 親の悪癖は子どもにも影響する

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「ながらスマホ運転」を厳罰化 親の悪癖は子どもにも影響するの画像1

ながらスマホ運転はやっぱり危ない!!

 自動車運転中にスマートフォンをいじる、「ながらスマホ運転」の罰則が強化される。今年の5月28日に衆院本会議で可決、成立した改正道路交通法(12月までに施行予定)によって、「ながらスマホ運転」の罰則は6カ月以下の懲役または10万円以下の罰金に引き上げられた。

 また、「ながらスマホ運転」で事故を起こすなど「交通の危険を生じさせた」場合、1年以下の懲役または30万円以下の罰金。行政処分である反則金も大幅に引き上げられ、なおかつ交通の危険を生じさせた場合は、全て刑事手続きにのせることになった。

 警視庁によれば、平成30年中の携帯電話使用などにかかわる交通事故件数は2790件と、過去5年間で「約1.4倍増」に相当するほど増えているという。とりわけ、カーナビ注視などの「画面使用目的」の事故が多発している。

 また、死亡事故率の比較では、「ながらスマホ運転」と「使用なし」では、前者が「約2.1倍」だった。画面を覗いていたドライバーがとっさの危険(赤信号や一時停止の見落とし、対向車線へのはみだしなど)を捉えるまでの時間は「2秒以上」という研究結果がある。

 かりに2秒なら、時速40km/hで走行していれば、約22.2m、60km/hならば33 mほど進む。どんな惨事につながるかを想像させるに十分な距離だろう。

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆