「プルーム・テック」を売ったJT社の戦略とは? 日本でだけ加熱式タバコがブレイクしたワケ

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「プルーム・テック」を売ったJT社の戦略とは? 日本でだけ加熱式タバコがブレイクしたワケの画像1

なぜ日本だけで加熱式タバコが売れるのか?

 最近、加熱式タバコ愛好家の間で静かにブレイク中の“アイディア商品”がある。「貼るだけでかんたん着せ替え」「パロディ、オリジナル」などの謳い文句で販売する『グロー専用スキンシール』や『グロー専用デコシール』だ。一見「紙パック飲料」に見えるシールのバリエーションはさまざま。中には喫煙行為の真逆、健康志向を掲げた「野菜ジュース」仕様というカムフラージュ商品まである。

 じつは、これらのグッズで周囲を欺き、電車内などでコッソリ喫煙する輩まで出没しているという。禁煙エリアでの悪用に対して、受動喫煙の被害を訴える人は “笑えない”グッズとして糾弾の声が上がり始めている。

 隠れ喫煙を可能にさせているのはシールでのカモフラージュだけでなく、電子タバコや加熱式タバコなどの特徴である「煙が少ない」だ。加えて、灰も煙も出ないため「周囲の空気を汚さない」「室内や車内でも使用できる」「有害成分を〇〇%削減」――大手メーカーが異口同音で謳うこれらの利点も、ユーザーのマナー違反へのる心理的なハードルを下げているのかもしれない。

日本人のガジェット好きを狙った戦略とは?

 すっかり日本に浸透した電子タバコ・加熱式タバコだが、大阪国際がんセンターがん対策センター疫学統計部副部長の田淵貴大医師は、公衆衛生学(社会医学)・タバコ対策の専門医師の立場から、「日本人のガジェット(電子機器)好き」をくすぐるマーケティング戦略が功を奏していると指摘する。

 著書『新型タバコの本当のリスク アイコス、グロー、プルーム・テックの科学』(内外出版社刊)の第4章「タバコ会社のマーケティング戦略」に、こんな興味深い記述がある。

<日本で加熱式タバコがブレークした理由について、JTのマーケティング部門の責任者は「法律上の規制で電子タバコが国内で出回っていないことのほか、他国に比べ日本人が周りに配慮する性格や、ガジェット(電子機器)好きであることが挙げられる」と分析しているようだ。筆者も同意見である>

 また、「日本人のガジェット好き」「空気を読む国民性」を利用して販売世界シェアの96%を占めるまでにブレイクさせたメーカー側の「(加熱式タバコを)かっこよくみせる積極的なプロモーション活動」の一例として、こう挙げる。

<2019年時点での商品名「アイコス」のローマ字表記は「IQOS」と初めの「I」の文字は大文字が使われている。しかし、当初のアイコスは「iQOS」だった。(中略)戦略的に「アップルストアのiPhone」を真似したのではないかと話題になった。

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆