FDAがニコチン規制案を発表! ついにニコチン・タール「ゼロ」の電子タバコ登場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
FDAがニコチン規制案を発表! ついに、ニコチン・タール「ゼロ」の電子タバコ登場の画像1

葉巻(シガー)は2021年、電子タバコは2022年まで規制の施行延期(depositphotos.com)

 累計出荷枚数96万枚の大ヒットを記録した宇多田ヒカルさんの3rdシングル『First Love』(1999年4月28日発売)の歌い出しを、いまでも諳んじている方は少なくないだろう。

 そう「♪最後のキスはタバコのFlavorがした~」である。が、2020年東京五輪さえ遠く回顧される将来、この曲も懐メロ入りし、「Flavor」や「♪ニガくてせつない香り~」の部分にも注釈が必要となるような無煙社会が到来しているだろうか!?

 7月28日、トランプ政権下の米国食品医薬品局(FDA)が「ニコチン量規制案」を発表した。タバコのニコチン含有量を「依存性の生じないレベルまで減らす方針」だというから、やめられない/止まらない愛煙家諸君には、せつない悲報か、はたまた健康面での朗報だろうか……。

 一方でFDAは昨年発表した、葉巻(シガー)と電子タバコの規制に関しては、前者を2021年まで、後者を2022年まで、それぞれ施行延期とすることも明らかにした。

喫煙の多くは10代でスタート!興味の入り口で断つ

 この延期理由についてFDAのScott Gottlieb長官は、「十分な時間をかけて、規制基準の妥当性を検証するため」と説明しているが、同氏が電子タバコ製造企業との利益相関を取り沙汰されている人物であることも、念頭に置いときたい。

 また、今回の新たなFDA方針は「若者の気をひく」Flavorに対する規制も必要、との見解を示している点でも注目されている。いわゆる未成年層の喫煙問題、その入り口(きっかけ)に焦点を当てているわけだ。

 この点を大きく評価しているのは、米ノースウェル・ヘルスたばこ規制センターのPatricia Folan氏である。「メンソールなどのFlavorがもたらす害(=悪影響)に対処するというFDAの方針は、若者たちの喫煙を減らす重要な一歩と言えるだろう」。

 FDA側の見解も「喫煙者の多くは10歳台で喫煙を始めていることが過去の研究からも明らかにされており、その吸い始めの段階で阻止したいと考えている」というものだ。

 一方、それとは真逆的に、葉巻と電子タバコに関する規制の施行延期については「若者に対して有害な影響をもたらす方針と言わざるをえない」(米国・肺協会:AIAのFrika Sward氏)との警鐘意見もある。

 この点についてはGottlieb長官も譲らず、「我々の新たな方針で一番重要な点は、紙巻きタバコのニコチン量を減らす規制を進めることにある」と前置きする。

 そして、「それでタバコの依存性を失くすことができれば、喫煙者を紙巻きタバコから害の少ない製品へと移行させられるだろう。そんなバランスのとれたアプローチを取ることが可能であると確信している」と述べている。

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆