FDAがニコチン規制案を発表! ついにニコチン・タール「ゼロ」の電子タバコ登場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
FDAがニコチン規制案を発表! ついに、ニコチン・タール「ゼロ」の電子タバコ登場の画像1

葉巻(シガー)は2021年、電子タバコは2022年まで規制の施行延期(depositphotos.com)

 累計出荷枚数96万枚の大ヒットを記録した宇多田ヒカルさんの3rdシングル『First Love』(1999年4月28日発売)の歌い出しを、いまでも諳んじている方は少なくないだろう。

 そう「♪最後のキスはタバコのFlavorがした~」である。が、2020年東京五輪さえ遠く回顧される将来、この曲も懐メロ入りし、「Flavor」や「♪ニガくてせつない香り~」の部分にも注釈が必要となるような無煙社会が到来しているだろうか!?

 7月28日、トランプ政権下の米国食品医薬品局(FDA)が「ニコチン量規制案」を発表した。タバコのニコチン含有量を「依存性の生じないレベルまで減らす方針」だというから、やめられない/止まらない愛煙家諸君には、せつない悲報か、はたまた健康面での朗報だろうか……。

 一方でFDAは昨年発表した、葉巻(シガー)と電子タバコの規制に関しては、前者を2021年まで、後者を2022年まで、それぞれ施行延期とすることも明らかにした。

喫煙の多くは10代でスタート!興味の入り口で断つ

 この延期理由についてFDAのScott Gottlieb長官は、「十分な時間をかけて、規制基準の妥当性を検証するため」と説明しているが、同氏が電子タバコ製造企業との利益相関を取り沙汰されている人物であることも、念頭に置いときたい。

 また、今回の新たなFDA方針は「若者の気をひく」Flavorに対する規制も必要、との見解を示している点でも注目されている。いわゆる未成年層の喫煙問題、その入り口(きっかけ)に焦点を当てているわけだ。

 この点を大きく評価しているのは、米ノースウェル・ヘルスたばこ規制センターのPatricia Folan氏である。「メンソールなどのFlavorがもたらす害(=悪影響)に対処するというFDAの方針は、若者たちの喫煙を減らす重要な一歩と言えるだろう」。

 FDA側の見解も「喫煙者の多くは10歳台で喫煙を始めていることが過去の研究からも明らかにされており、その吸い始めの段階で阻止したいと考えている」というものだ。

 一方、それとは真逆的に、葉巻と電子タバコに関する規制の施行延期については「若者に対して有害な影響をもたらす方針と言わざるをえない」(米国・肺協会:AIAのFrika Sward氏)との警鐘意見もある。

 この点についてはGottlieb長官も譲らず、「我々の新たな方針で一番重要な点は、紙巻きタバコのニコチン量を減らす規制を進めることにある」と前置きする。

 そして、「それでタバコの依存性を失くすことができれば、喫煙者を紙巻きタバコから害の少ない製品へと移行させられるだろう。そんなバランスのとれたアプローチを取ることが可能であると確信している」と述べている。

がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔