香水やシャンプーの香りに約8割が不快~深刻なのは洗濯用洗浄剤の<スメハラ>

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
香水やシャンプーの香りに約8割が不快~深刻なのは洗濯用洗浄剤の<スメハラ>の画像1

洗濯用洗浄剤スメハラが深刻(depositphotos.com)

 タレントのIMALUさんが一時、自身がモテなさすぎる理由を「体が臭いのかな?」と真剣に悩んだという告白をTV番組でしていた。

 いかにも今日的な「気の病」をうかがわせる秘話だが、もっと現代的で現実的な健康被害用語の「香害」を知らない層が6割以上もいるという実態が明らかになった。

 これは、シャボン玉石けん株式会社(本社・北九州市)が、20~60代の成人男女598人を対象に実施した「香りに関する意識調査」の結果から読み取れた割合だ。WEBによる調査期間は、2017年7月15日~同20日まで。

 この時期を選んだ背景には、国民生活センター宛てに「洗濯用洗浄剤の匂い」に関しての相談件数が急増するタイミングを見計らってという狙いがあった。

 「香害」とは、人工的な香料による健康被害をさす近年の造語で、昔からの体臭問題やたばこ臭被害は対象外である。

被害者転じて加害者の皮肉

 この調査結果では61%が「知らない」と回答している「香害」問題。さらに踏み込んで問うた質問についてはそれぞれ、下記のような数値が導かれた。

●質問① 他人のニオイ(香水や柔軟剤、シャンプーなど)で不快に感じたことはありますか?
●回答① ある:79%/ない:21%

●質問② 人工的な香りをかいで、頭痛・めまい・吐き気などの体調不良を起こしたことがありますか?
●回答② ある:51%/ない:49%

 かい摘んでいえば、「香害」は初耳という6割強の層も含めて、現代社会においては他人のふりまく人工臭を「不快」に思う人々が約8割もおり、半数以上はより具体的な「体調不良」も体験しているわけだ。

 しかし、「他人」という鏡に自分を映してみれば「まんま、わが身」の問題でもあるのが今の時代で、別の設問に関する回答からもそんな世相が垣間見える。

●質問③ 香りつきのもので日常的に使用しているものは何ですか?(複数回答)
●回答③ 柔軟剤や洗剤(衣類):367人/シャンプー(髪):306人/制汗剤:179人

 これが香りの<愛用品BEST3>。次点が「特にない」の121人、そして自己満足系で敬遠されがちな香水が92人、「その他」が36人と続く。

 いずれにせよ、自ら「香り」をまとって街を闊歩している人々が、約8割を占めている計算になる。

美容界で異彩を放つ「炭酸ジェルパック」とは?細胞からのアンチエイジングとケアが大切
インタビュー「炭酸美容とはなにか?」後編:メディオン美容皮膚クリニック院長・日置正人氏

前編『炭酸ケアの第一人者、褥創の治療経験から生まれた「炭酸ジェルパック」』

美容の世界でも異彩を放つっている「炭酸ジェルパック」。 皮膚科・内科の医師として長年、炭酸の医療的な研究に携わり、その研究の成果として画期的な美容素材「炭酸ジェル」を開発した日置正人医師に、その開発の過程や効果について聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆