「芸能・エンタメ」の記事一覧

離婚した父親が「わが子に会えない」という社会問題〜筆者が語る<漂流する父親たち>

本サイトの執筆者の一人で、フリーライターの西牟田靖です。私はこれまで、本サイトのような医療コラムのほか、日本の国境や旧植民地を回った歴史ルポなどを手がけてきました。 そして今回、さらにガラリとテーマを変えて、親権の問題や男性差別をテーマにした書籍を出版しましたので紹介さ…続きを読む

離婚した父親が「わが子に会えない」という社会問題〜筆者が語る<漂流する父親たち>

真犯人はコイツだ! 残されたDNAから容疑者の似顔絵まで作成が可能に!?

怪奇極まりない残虐な事件は、2009年11月23日朝、米国ルイジアナ州レークチャールズ近郊で起きる――。 ニール・ジョンソン(38)は、いつも通り自転車に乗って石油精製工場へ急ぐ。ふと道路脇に倒れている女性に気づき、保安官事務所に急報する。駆けつけたカルカシュー郡保安官…続きを読む

真犯人はコイツだ! 残されたDNAから容疑者の似顔絵まで作成が可能に!?

トランプ大統領の世界戦略をユング心理学の「ペルソナ(仮面)」の視点から徹底解剖!

1月20日、第45代米大統領に就任したドナルド・トランプ氏、その政権運営はどうなのか? 「トランポノミクス」と呼ばれる世界戦略を、今回は「行動心理」の面から分析してみよう。トランプ新大統領が冠る2つの「ペルソナ(仮面)」とは? トランポノミクスは、2つの「ペルソナ(…続きを読む

トランプ大統領の世界戦略をユング心理学の「ペルソナ(仮面)」の視点から徹底解剖!
難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真