車内喫煙で「通報」される社会が到来!? <小池ファースト>の受動喫煙策はいかに

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
車内喫煙で「通報」される社会が到来!? <小池ファースト>の受動喫煙策はいかにの画像1

受動喫煙の子どもを見たら通報!?(depositphotos.com)

 ひとえに「愛煙家」といっても、喫煙マナーは十人十色――。

 たとえば、結婚や同棲を機に相手(禁煙者/嫌煙者)の気持ちを忖度して、家では「ホタル族」に転向した人もいれば、「子どもが生まれるまでホタル族には踏み切れなかった」と苦笑される方もいるだろう。あるいは「妻の妊娠を機にベランダ派に切り替えた」という中間派もいるかもしれない。

 では、そんな現役の愛煙家で愛車持ち(ないしは仕事柄、営業車を運転する)という方にお聞きしたい。あなたの車内マナーはどれ?

 ①自身は喫煙者だが、気分上、愛車だけは購入時から「全面禁煙」を貫いている。
 ②妻子を問わず家族が同乗する際は「禁煙」、独りでの運転時は「喫煙可」としている。
 ③家庭内でも愛車内でも外食先でも「自分ファースト」で遠慮なくスパスパ派。
 ④営業車で外回りの際は、同僚が禁煙者でも遠慮なく吸わせてもらっている。

 「愛車至上主義」で「車内は別の顔」となる①のタイプは結構いる。消臭剤のCMよろしく、家族の同乗時に「タバコ臭~い」と鼻をつままれている②のお父さんも多いだろう。真夏の猛暑下に車窓を全開にして煙を吐き出す④も、街中で見かける。

 さて、問題は③。いつでも・どこでも自分最優先の喫煙態度は近い将来、「条例違反」で「通報」されて「罰則」を科せられるかもしれない……。

マイケル・ジャクソンも悩まされた皮膚病「白斑(尋常性白斑)」~<治せる時代>が到来
インタビュー「皮膚の色が抜け落ちる『白斑』の最新治療」前編:榎並寿男医師(新宿皮フ科院長)

皮膚の色が抜け落ち、白くなってしまう病気、白斑(尋常性白斑)。マイケル・ジャクソンもこの病気だったことが公表されている。従来は難治とされてきたが、近年、治療が進化し、成果を上げている。最先端の治療に取り組み、「8割以上の白斑は改善可能と考えている」という新宿皮フ科院長の榎並寿男医師に聞いた。

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆