「こども」の記事一覧

喫煙で急性骨髄性白血病の発症リスクは2.2倍! それでも受動喫煙規制に及び腰の自民党

往生際が悪いのか非常識なのか、ガラパゴス化した国の住人といえようか。4月26日、日本たばこ協会、飲食店の業界団体などが厚生労働省を訪れ、受動喫煙の対策として飲食店の屋内を原則禁煙にする規制案に対して反対の署名を提出した。 実はその後に、今度は規制に賛成する日本肺がん患…続きを読む

喫煙で急性骨髄性白血病の発症リスクは2.2倍! それでも受動喫煙規制に及び腰の自民党

いまだにある「自閉症は親のしつけの問題」という誤解~理解されにくい「発達障害」

4月1日はいわずと知れた「エイプリルフール」。この日ばかりは嘘をついても閻魔様から許されるというが、毎日がエイプリルフールのような人も少なくない現代である。 その翌日の4月2日が何の日なのか、知っている人はいるだろうか? 家族や友人に自閉症の人がいるなら、知っているかも…続きを読む

いまだにある「自閉症は親のしつけの問題」という誤解~理解されにくい「発達障害」

「柔道」での死亡事故は日本だけ! 米国では「非接触型」の格闘技を提言

12月29日と31日に、さいたまスーパーアリーナで開催され、大晦日にフジテレビ系で全国中継される格闘技イベント「RIZIN」。その対戦カードのひとつが波紋を呼んでいる。 それは11月26日に記者発表された女子のワンマッチ。「女子最強ではなく、人類最強」と称される186c…続きを読む

「柔道」での死亡事故は日本だけ! 米国では「非接触型」の格闘技を提言
胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

くにたち駅前眼科クリニック院長。1986年、東京…

高橋現一郎

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇