「こども」の記事一覧

映画『みんなの学校』〜発達障害の子供も皆と同じ教室で。ある公立小学校の画期的な取組み

『みんなの学校』 大阪市立大空小学校では、発達障害の子や感情を上手にコントロールできない子も、特別支援学級ではなく普通学級で他の児童と一緒に学んでいる。2012年当時、全校児童約220人のうち特別支援対象の子供は30人超。ほかの公立小学校の割合よりもはるかに多い。 そん…続きを読む

映画『みんなの学校』〜発達障害の子供も皆と同じ教室で。ある公立小学校の画期的な取組み

政府が"消した"福島県の「ホットスポット」 放射線汚染地域に暮らす人々

2014年12月28日、政府は福島県南相馬市に指定した「特定避難勧奨地点」142地点(152世帯)を解除した。特定避難勧奨地点とは、警戒区域や計画的避難区域のような広がりはなくても、放射線量が局所的に高い「ホットスポット」をいう。 基準は、福島第一原発事故発生後1年間…続きを読む

政府が

子どもにも介護が必要?子ども世代に忍び寄る「ロコモティブシンドローム」とは?

2007年、日本整形外科学会は超高齢化の進む日本の将来を見据えて、「ロコモティブシンドローム(略称ロコモ)」という概念を提唱した。ロコモティブシンドローム(運動器症候群)とは、筋肉、関節、軟骨、椎間板などの運動器に障害が起こり、歩行や日常生活に支障をきたしている状態をいう。…続きを読む

子どもにも介護が必要?子ども世代に忍び寄る「ロコモティブシンドローム」とは?
難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆