この春、犬4匹が<入社>~人々を元気にするセラピー犬、ファシリティドッグの活躍

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
serapidog.jpg

「おとなの学校岡山校」で犬4匹の入社式(shutterstock.com)

 新たな出会いの多い春、新入学、新入社の季節でもある。4月1日、介護老人保健施設「おとなの学校岡山校」に、4匹の犬がドッグセラピーチーム「ワンコネクト」の一員として<入社>した。

 社会医療法人清風会が運営する「おとなの学校岡山校」は、全国でも珍しい学校スタイル。 国語・社会・算数・図工など時間割に沿った<授業>で、機能訓練や脳リハビリを行っている。これまでもグランドピアノを使った音楽療法や「くもん学習法」など取り入れてきた。

 同施設では今回、病院併設型介護老人保健施設としては岡山県初の「ドッグセラピー」を本格導入。「ドッグセラピー」とは、動物を使った治療方法である「アニマルセラピー」のひとつだ。

 高度に訓練されたセラピー犬を介在させて、認知症などの障害を持つ人々に対し、心や体のリハビリテーションを目的としたプログラムを実施する。

 犬と触れ合うことで精神的な情緒が安定したり、 記憶力の改善による認知症の改善、 身体的な運動機能の回復効果などが期待される。

 「おとなの学校岡山校」が目指しているのは、在宅復帰という「卒業」だ。病院での治療は終えたが自宅生活を行うには難しい人が、在宅復帰に向けてのリハビリを行っている。

 数年前から利用者に犬と触れ合う機会を設けたところ、利用者の笑顔が増え、意欲が沸くという効果を目の当たりにした。そこで、<卒業=在宅復帰>には「ドッグセラピー」が有効であることを確信し、本格的にスタートを切ったのだ。

<和温療法>は医療の基本 女性の更年期障害・不定愁訴を大幅に改善
インタビュー「性差医療をめぐって」第3回 静風荘病院・天野恵子医師

「性差医療」のパイオニアである天野恵子医師(静風荘病院・埼玉県新座市)へのインタビュー第3回は、現在、天野医師が最も注目している療法のひとつである「和温療法」について伺う。
第1回<性差医療>っていったい何? 心筋梗塞や動脈硬化でも男女で症状に違いがある!
第2回 全国の「女性外来」の共通のモットーは「紹介状は不要」「症状は問わない」「初診に30分かける」」

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

藤田保健衛生大学医学部第一病理学教授。慶應義塾大…

堤寛

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫