この春、犬4匹が<入社>~人々を元気にするセラピー犬、ファシリティドッグの活躍

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
serapidog.jpg

「おとなの学校岡山校」で犬4匹の入社式(shutterstock.com)

 新たな出会いの多い春、新入学、新入社の季節でもある。4月1日、介護老人保健施設「おとなの学校岡山校」に、4匹の犬がドッグセラピーチーム「ワンコネクト」の一員として<入社>した。

 社会医療法人清風会が運営する「おとなの学校岡山校」は、全国でも珍しい学校スタイル。 国語・社会・算数・図工など時間割に沿った<授業>で、機能訓練や脳リハビリを行っている。これまでもグランドピアノを使った音楽療法や「くもん学習法」など取り入れてきた。

 同施設では今回、病院併設型介護老人保健施設としては岡山県初の「ドッグセラピー」を本格導入。「ドッグセラピー」とは、動物を使った治療方法である「アニマルセラピー」のひとつだ。

 高度に訓練されたセラピー犬を介在させて、認知症などの障害を持つ人々に対し、心や体のリハビリテーションを目的としたプログラムを実施する。

 犬と触れ合うことで精神的な情緒が安定したり、 記憶力の改善による認知症の改善、 身体的な運動機能の回復効果などが期待される。

 「おとなの学校岡山校」が目指しているのは、在宅復帰という「卒業」だ。病院での治療は終えたが自宅生活を行うには難しい人が、在宅復帰に向けてのリハビリを行っている。

 数年前から利用者に犬と触れ合う機会を設けたところ、利用者の笑顔が増え、意欲が沸くという効果を目の当たりにした。そこで、<卒業=在宅復帰>には「ドッグセラピー」が有効であることを確信し、本格的にスタートを切ったのだ。

子どもが発熱してもあわてない! 薬を減らして免疫力を育てよう
インタビュー「飲むべきか、飲まざるべきか、それが薬の大問題」第1回・とりうみ小児科院長・鳥海佳代子医師

過剰医療を招く一因ともいわれる、わが国の医療機関への「出来高払い制」。国民皆保険制度によって恵まれた医療を享受できる一方、<お薬好き>の国民性も生み出す功罪の両面がある。薬は必要なときに、必要な分だけ――限りある医療資源を有効に使う私たちの賢い選択とは? とりうみ小児科の鳥海佳代子院長に訊く。

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志