この春、犬4匹が<入社>~人々を元気にするセラピー犬、ファシリティドッグの活躍

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
serapidog.jpg

「おとなの学校岡山校」で犬4匹の入社式(shutterstock.com)

 新たな出会いの多い春、新入学、新入社の季節でもある。4月1日、介護老人保健施設「おとなの学校岡山校」に、4匹の犬がドッグセラピーチーム「ワンコネクト」の一員として<入社>した。

 社会医療法人清風会が運営する「おとなの学校岡山校」は、全国でも珍しい学校スタイル。 国語・社会・算数・図工など時間割に沿った<授業>で、機能訓練や脳リハビリを行っている。これまでもグランドピアノを使った音楽療法や「くもん学習法」など取り入れてきた。

 同施設では今回、病院併設型介護老人保健施設としては岡山県初の「ドッグセラピー」を本格導入。「ドッグセラピー」とは、動物を使った治療方法である「アニマルセラピー」のひとつだ。

 高度に訓練されたセラピー犬を介在させて、認知症などの障害を持つ人々に対し、心や体のリハビリテーションを目的としたプログラムを実施する。

 犬と触れ合うことで精神的な情緒が安定したり、 記憶力の改善による認知症の改善、 身体的な運動機能の回復効果などが期待される。

 「おとなの学校岡山校」が目指しているのは、在宅復帰という「卒業」だ。病院での治療は終えたが自宅生活を行うには難しい人が、在宅復帰に向けてのリハビリを行っている。

 数年前から利用者に犬と触れ合う機会を設けたところ、利用者の笑顔が増え、意欲が沸くという効果を目の当たりにした。そこで、<卒業=在宅復帰>には「ドッグセラピー」が有効であることを確信し、本格的にスタートを切ったのだ。

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

一般社団法人日本薬業研修センター漢方講座執筆・編…

笹尾真波

新宿大腸クリニック院長。1988年、東京大学医学…

後藤利夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆