子どもにスマホ・PCを制限すべき理由~テレビやスマホ依存で糖尿病リスクが増加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
子どもにスマホ・PCを制限すべき理由~テレビやスマホ依存で糖尿病リスクが増加の画像1

子どもにもスマホ・PC習慣の余波が(depositphotos.com)

 テレビやスマートフォン、パソコンの画面をみる時間が長いほど、子どもの「2型糖尿病」発症リスクが高まる――。

 1日3時間以上をテレビの視聴やPC、ビデオゲームに費やす子どもは体脂肪量が多く、インスリン抵抗性が高いことがわかったという。

 英国で報告されたこの研究は、『Archives of Disease in Childhood』(オンライン版3月13日)に掲載された。

 研究を主導した英ロンドン大学セント・ジョージ校のClaire Nightingale氏は、「人種や男女を問わず、子ども時代にスマホやPCの使用時間を制限すると、その後に2型糖尿病を発症するリスクが低減する可能性がある」とコメントした。

テレビを見ない、電子機器を使用しない子は4%

 これまでの研究で、テレビやPCの前で過ごす時間が長いと、成人では体重が増えやすく2型糖尿病リスクが高まることが報告されている。

 そこでNightingale氏らは、子どもにもこれが当てはまるのかどうかを調べたというわけだ。

 同氏らの研究チームは、英国のバーミンガム、レスター、ロンドンに住む子ども(9~10歳)4495人を対象に、コレステロール値や空腹時血糖値、インスリン抵抗性、炎症マーカー、血圧、体脂肪を測定した。

 1日のうち、どれくらいの時間をテレビの視聴やPC、ビデオゲームなどの電子機器の使用に費やしているかを尋ねた。

 その結果、まったくテレビを視聴せず、電子機器も使用していなかった子どもは、全体の4%に過ぎなかった。

<和温療法>は医療の基本 女性の更年期障害・不定愁訴を大幅に改善
インタビュー「性差医療をめぐって」第3回 静風荘病院・天野恵子医師

「性差医療」のパイオニアである天野恵子医師(静風荘病院・埼玉県新座市)へのインタビュー第3回は、現在、天野医師が最も注目している療法のひとつである「和温療法」について伺う。
第1回<性差医療>っていったい何? 心筋梗塞や動脈硬化でも男女で症状に違いがある!
第2回 全国の「女性外来」の共通のモットーは「紹介状は不要」「症状は問わない」「初診に30分かける」」

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

藤田保健衛生大学医学部第一病理学教授。慶應義塾大…

堤寛

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫