子どもにスマホ・PCを制限すべき理由~テレビやスマホ依存で糖尿病リスクが増加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
子どもにスマホ・PCを制限すべき理由~テレビやスマホ依存で糖尿病リスクが増加の画像1

子どもにもスマホ・PC習慣の余波が(depositphotos.com)

 テレビやスマートフォン、パソコンの画面をみる時間が長いほど、子どもの「2型糖尿病」発症リスクが高まる――。

 1日3時間以上をテレビの視聴やPC、ビデオゲームに費やす子どもは体脂肪量が多く、インスリン抵抗性が高いことがわかったという。

 英国で報告されたこの研究は、『Archives of Disease in Childhood』(オンライン版3月13日)に掲載された。

 研究を主導した英ロンドン大学セント・ジョージ校のClaire Nightingale氏は、「人種や男女を問わず、子ども時代にスマホやPCの使用時間を制限すると、その後に2型糖尿病を発症するリスクが低減する可能性がある」とコメントした。

テレビを見ない、電子機器を使用しない子は4%

 これまでの研究で、テレビやPCの前で過ごす時間が長いと、成人では体重が増えやすく2型糖尿病リスクが高まることが報告されている。

 そこでNightingale氏らは、子どもにもこれが当てはまるのかどうかを調べたというわけだ。

 同氏らの研究チームは、英国のバーミンガム、レスター、ロンドンに住む子ども(9~10歳)4495人を対象に、コレステロール値や空腹時血糖値、インスリン抵抗性、炎症マーカー、血圧、体脂肪を測定した。

 1日のうち、どれくらいの時間をテレビの視聴やPC、ビデオゲームなどの電子機器の使用に費やしているかを尋ねた。

 その結果、まったくテレビを視聴せず、電子機器も使用していなかった子どもは、全体の4%に過ぎなかった。

がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

市民のためのがん治療の会代表。舌がん治療による体…

會田昭一郎

2017年4月より、はるひ呼吸器病院(愛知県)病…

堤寛