連載「死の真実が〈生〉を処方する」第35回

発達障害と少年犯罪〜あなたの正しい理解が、幼少期から就労までの社会支援につながる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
発達障害と少年犯罪〜私たちが正しい理解を持って幼少期から就労に至るまで長期にわたる社会支援をの画像1

発達障害のある人が事件などに関与する割合が高いことは事実だが……(depositphotos.com)

 発達障害のある少年と犯罪との関係が、たびたび指摘されています。もちろん、発達障害のある人が必ず犯罪をするわけではありません。しかし、事件などに関与する割合が高いことは事実です。

 皆さんもご存じのとおり、少年が凶悪事件を起こし逮捕された後、何らかの発達障害であったと診断される例があります。有名なものでは、神戸連続児童殺傷事件、西鉄バスジャック事件、佐世保同級生殺害事件などが挙げられます。

 矯正施設のひとつに少年院があります。その数は全国で本院が49庁、分院が3庁。主に家庭裁判所から保護処分として送致された少年に対し、社会不適応の原因を除き、健全な育成を図り、矯正教育を行うのが目的です。

 ある施設にいる少年は、「人の首をしめたくなる、人を殺してみたい」と話していました。実際に殺人は犯していませんが、傷害事件を起こしたとのことです。

 この少年には、「自閉症スペクトラム障害」という診断がなされていました。発達障害のひとつです。

生まれ持った特性で成長とともに社会に適応できない

 言葉の発達の程度を「自閉度」と呼びます。そして自閉度が高い(言葉の発達が遅れている)障害をまとめて、「自閉症スペクトラム障害」と呼びます。スペクトラム(Spectrum=多様な観念・物などが織り成す広範な連続体)という表現を使用するのは、細かい障害の様子が徐々に変化するからです。

 ちなみに、自閉度が高い疾患の中でも、アスペルガー症候群や高機能自閉症の人は、知能指数が高いことで知られています。

 自閉症スペクトラム障害に見られるのは、次の障害です。

①社会性の障害:相手の立場に立って物ごとを考えたり、相手と気持ちを共有することが苦手。すなわち、人とうまく付き合うことができない。

②コミュニケーションの障害:言葉の発達の遅れがあるほか、慣用的な表現、お世辞や皮肉が理解できない。自分にしか分からない言葉を使ったり、話をすることに消極的になる傾向がある。

③想像力の障害:興味や関心が狭く、特定のものにこだわる。次に起こることを想像することが難しく、自分なりに見通しを持つことができないので、同じパターンを繰り返し行うことで安心しやすい。したがって、いつもと違う状況になると臨機応変な対応ができなくなりやすい。

④感覚過敏症:雑音が気になって集中できない、普通の光でもまぶしく感じるなど。

 発達障害と聞いても、普段そのような人と接点がないと具体的なイメージがわかないかもしれません。発達障害の人は、全般的な知的水準は健常ですが、一部に苦手な事柄があるという感じです。

 病気としては精神障害に分類され、そもそも生まれ持った特性であるため、成長するに従って社会に適応できないという形で明らかになります。

一杉正仁(ひとすぎ・まさひと)

滋賀医科大学社会医学講座(法医学)教授、厚生労働省死体解剖資格認定医、日本法医学会法医認定医。専門は外因死の予防医学、交通外傷分析、血栓症突然死の病態解析。東京慈恵会医科大学卒業後、内科医として研修。東京慈恵会医科大学大学院医学研究科博士課程(社会医学系法医学)を修了。獨協医科大学法医学講座准教授などを経て現職。1999~2014年、警視庁嘱託警察医、栃木県警察本部嘱託警察医として、数多くの司法解剖や死因究明に携わる。日本交通科学学会(理事)、日本法医学会、日本犯罪学会(ともに評議員)など。

一杉正仁の記事一覧

一杉正仁
眠れなければ、あえて「寝床から出ろ!」~ 良い睡眠を生む<起きている時間の過ごし方>
インタビュー「ビジネスパーソンのための睡眠学」第3回 働安全衛生総合研究所・産業疫学研究グループ部長:高橋正也氏

第1回「ビジネスパーソンのための睡眠学〜『4時間でも、ぐっすり眠れば大丈夫』は都市伝説」
第2回「すべての不眠に睡眠薬が効くわけではない~寝付けなければ『睡眠日記』で原因を探れ!」
第3回「眠れなければ、あえて『寝床から出ろ!』~ 良い睡眠を生む<起きている時間の過ごし方>」
勤務時間もプライベートも、パフォーマンスを高く保つために欠かせないのは、なんといっても健全な睡眠である。しかし、いまの日本には、睡眠時間を確保できなかったり、うまく眠れない人があまりにも多すぎる。ビジネスパーソンが正しく睡眠を取るためにはどうすればいいのか?労働安全衛生総合研究所で睡眠を専門に研究する産業疫学研究グループ部長の高橋正也氏に聞いた。

日本中毒学会評議員(同学会クリニカルトキシコロジ…

横山隆

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔

藤田保健衛生大学医学部第一病理学教授。慶應義塾大…

堤寛