「こども」の記事一覧

自閉症状を改善させる「愛情ホルモン」! ヒトの“心理を操る”悪用も?

“愛情ホルモン”として、にわかに注目を集めているのが、脳内分泌物質の「オキシトシン」。当サイトでも「見つめ合って『愛情』ホルモンが増加、人と犬の心の絆を証明!?」「赤ちゃんは視力が弱くてもモノを見分ける力がある! 母性本能をくすぐるDNAの不思議」で、オキシトシンが母性本能…続きを読む

自閉症状を改善させる「愛情ホルモン」! ヒトの“心理を操る”悪用も?

たとえ「ハイハイ」ができない赤ちゃんでも、正常に歩けるようになる!?

赤ちゃんの成長と発達は、実に目まぐるしく、微笑ましい。生まれたての新生児は身長50cm、体重3kg程度だが、約1年で身長は約1.5倍、体重は約3倍に。大人になれば、身長は3〜3.5倍、体重は15〜25倍にもなる。 赤ちゃんは、いつ頃からどのような運動ができるようになるの…続きを読む

たとえ「ハイハイ」ができない赤ちゃんでも、正常に歩けるようになる!?

子供たちの近視の進行は予防できるか? 近くの物を見続けないことが何よりも重要

育ち盛りの小中学生は、目の使い方により、急激に近視が進行することがあります。通常、小中学校の教室では、最前列の席で0.3、最後列の席で0.7の視力がないと、黒板が見づらいといわれています。また、裸眼視力(メガネをかけない視力)が0.1以下だと、メガネがないと日常生活にも支障…続きを読む

子供たちの近視の進行は予防できるか? 近くの物を見続けないことが何よりも重要
美容界で異彩を放つ「炭酸ジェルパック」とは?細胞からのアンチエイジングとケアが大切
インタビュー「炭酸美容とはなにか?」後編:メディオン美容皮膚クリニック院長・日置正人氏

前編『炭酸ケアの第一人者、褥創の治療経験から生まれた「炭酸ジェルパック」』

美容の世界でも異彩を放つっている「炭酸ジェルパック」。 皮膚科・内科の医師として長年、炭酸の医療的な研究に携わり、その研究の成果として画期的な美容素材「炭酸ジェル」を開発した日置正人医師に、その開発の過程や効果について聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆