「こども」の記事一覧

100均の「子ども用化粧品」は絶対に使うな! 発がん性物質を含むものもある

「最近、患者さんを見てつくづく思うのは、15〜16歳の女性の顔の肌の変化です。皮膚の張りがなくなり、中高年のようにカサカサの肌になっています。老化がすでに始まっているのでしょうね」 都内のある大学病院皮膚科の医師が、このような話を聞きました。皮膚科医によると、そうした患…続きを読む

100均の「子ども用化粧品」は絶対に使うな! 発がん性物質を含むものもある

赤ちゃんの胎動は「元気だよ!」というお母さんへのメッセージ

赤ちゃんは、妊娠10週未満を胎芽、妊娠10週以降を胎児と呼ぶ。赤ちゃんは、お母さんのお腹の中で、どのように成長していくのだろう? まずは駆け足で見てみよう。 まず、妊娠第1月(妊娠~3週)は、タツノオトシゴのような形をしたエラや尾が現れ、消化器や循環器の分化が始まる。身…続きを読む

赤ちゃんの胎動は「元気だよ!」というお母さんへのメッセージ

夏休みの生活習慣が"子どもの肥満"に拍車をかける?

行楽地に子どもたちの賑やかな声があふれる、夏本番。開放感いっぱいの夏休みは楽しいものだが、生活習慣が乱れやすく、子どもの体調管理に頭を悩ませる親も多いことだろう。 一昔前は、夏休みの体調不良といえば「夏痩せ」のイメージがあった。しかし、子どもの食生活や住環境が変化し、…続きを読む

夏休みの生活習慣が
難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆