「こども」の記事一覧

米国の小学校で「スタンディング・デスク」を導入〜運動促進や肥満防止だけでなく学力もUP!

さまざまな学術的研究から「座る時間が長いと健康に良くない」という認識が浸透し、立って作業することが見直されてきた昨今。立ったままで仕事ができる「スタンディング・デスク」が注目され、企業でも導入するところが増えてきているようだ。 アメリカでは今、その流れが教育現場にも及ん…続きを読む

米国の小学校で「スタンディング・デスク」を導入〜運動促進や肥満防止だけでなく学力もUP!

冬に流行する「RSウイルス」は3歳までに誰もが感染〜重症化すれば突然死につながる!

RSウイルス感染症は、RSウイルス(呼吸器合胞体ウイルス)の感染による呼吸器の感染症だ。毎年冬季に流行し、乳幼児の50~70%以上が1歳までに罹り、ほぼすべての乳幼児が3歳までに感染、その後も一生、再感染を繰り返す。 原因は何? RSウイルスに感染している人の咳やくしゃ…続きを読む

冬に流行する「RSウイルス」は3歳までに誰もが感染〜重症化すれば突然死につながる!

赤ちゃんはなぜ遊ぶのか? 発見と工夫をくり返しながら“脳”や“体”を発達させていく

幼児期の赤ちゃんは、どんな風にしておもちゃと遊ぶようになるのだろう? 生後数カ月頃なら、まず握ったり、触ったりして、興味津々の表情で形状を確かめている。上手に握れるようになれば、ガラガラや鈴のおもちゃを振って音を出す。積み木を打ち鳴らして音を立てたり、あれこれと動かして…続きを読む

赤ちゃんはなぜ遊ぶのか? 発見と工夫をくり返しながら“脳”や“体”を発達させていく
妊活はシチュエーションを変えることも大事 不妊治療は愛情の確認から
インタビュー「『射精障害』での不妊が増えている」第3回:岡田弘医師(獨協医科大学埼玉医療センター・泌尿器科主任教授)

「非婚化」「晩婚化」と並んで、結婚した夫婦の間でも子どもができなくなっていることが、人口減少の一因であることは論をまたない。獨協医科大学埼玉医療センターの泌尿器科主任教授・岡田弘氏の診察室には、男性が原因で不妊となっている夫婦が数多く訪れる。なかでも近年、急速に増えているのが、挿入はできるけれど、女性の中で射精できない「膣内射精障害」だという。

Doctors Select

2017年4月より、はるひ呼吸器病院(愛知県)病…

堤寛

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志