いまだにある「自閉症は親のしつけの問題」という誤解~理解されにくい「発達障害」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いまだにある「自閉症は親のしつけの問題」という誤解~理解されにくい「発達障害」の画像1

4月2日は「世界自閉症啓発デー」(depositphotos.com)

 4月1日はいわずと知れた「エイプリルフール」。この日ばかりは嘘をついても閻魔様から許されるというが、毎日がエイプリルフールのような人も少なくない現代である。

 その翌日の4月2日が何の日なのか、知っている人はいるだろうか? 家族や友人に自閉症の人がいるなら、知っているかもしれない。

 この日は国連が定めた「世界自閉症啓発デー」だ。そして、4月2日~8日は「発達障害啓発週間」。自閉症をはじめとする発達障害への理解を深める期間なのだ。

 世界中のランドマークがブルーにライトアップされるイベント「ライト・イット・アップ・ブルー」によって、「テレビで見たことがある」とピンと来る人もいるだろう。

 日本でも東京タワーをはじめ、札幌市時計台、千葉ポートタワー、都庁第一本庁舎、横浜マリンタワー、五箇山菅沼合掌造り集落、善光寺、富士急ハイランド観覧車、京都タワー、通天閣、神戸ポートタワー、福岡タワー、ハウステンボス――官民を超えて今年も多くの施設でライトアップを行う。

 「世界自閉症デー」は、2007年の国際連合総会で採択され、翌2008年より自閉症の啓発を目的に記念日となった。

 というのも、「自閉症」と聞いてもどんな障害なのかよく知らないという人が大多数だからだ。世界には何百万人もの自閉症を抱える人がいるが、なかなか理解を得られているとは言えず、むしろ疎んじる傾向さえある。たんに「わがままを言っている」と厳しく叱られたりすることも少なくない。

 しかし、自閉症は生後3年以内に発現する脳の機能障害で、しかも一生続くもの。アスペルガー症候群など軽い症状を含めた自閉症スペクトラム障害と診断される人は、およそ100人に1人いるという。

 その症状は、人とコミュニケーションをとることができない、会話が苦手、興奮するとところかまわず跳びはねる、走り回る、奇声を発する、手をヒラヒラさせる、音や光に過敏、人の気持ちを理解できないなど。

 こんな子どもを町で見かけると「親のしつけが悪い」などと思ってしまいがちだが、脳のどこかに機能障害があって起こるもので、決して後天的なものではないのだ。

睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆