「こども」の記事一覧

赤ちゃんは「歩行」ができるようになると、独立心も自我も芽生える

「這えば立て立てば歩めの親心」と言うように、いつの時代も親は、子どもの成長を今か今かと心待ちするものだ。 ハイハイしていた赤ちゃんは、さまざまなステップを踏んで、1歳ころに「あんよ(歩行)」を始める。赤ちゃんがハイハイから立ち上がり、歩行するためには、中枢神経の回路や上…続きを読む

赤ちゃんは「歩行」ができるようになると、独立心も自我も芽生える

受動喫煙は子どもの「虫歯」にまで影響する! その発症リスクは最大で2.14倍

妻子が煙たがるのを気にせず自宅で吸ったり、路上でタバコをポイ捨てしたり……。男性なら誰でも、タバコを吸うのが当たり前という時代が、ほんの少し前まであった。なんと、高度成長期は、日本の成人男性の喫煙率は8割超もあったのだ。現在、成人男性の喫煙率は約3割にまで落ちている。 …続きを読む

受動喫煙は子どもの「虫歯」にまで影響する! その発症リスクは最大で2.14倍

室内で使う殺虫剤にリスク! 小児白血病の発症が4割以上アップ?

地球温暖化のためなのか、住宅やさまざまな建造物の気密性が上がっているためか……。近年、小バエや蚊など、人にとって不快な虫の発生シーズンがどんどん長くなり、ほぼ1年中生息している印象さえある。 そんなときに頼りになるのが、室内用の防虫剤や殺虫剤。定番のエアゾールや電池式…続きを読む

室内で使う殺虫剤にリスク! 小児白血病の発症が4割以上アップ?
インプラント治療で失敗しないために良心的な歯科医を見分けるポイント
インタビュー「インプラントトラブルの実態」後編:日本橋インプラントセンター所長・玉木仁氏

前編『インプラント治療のトラブルの実態〜原因の多くは価格破壊と勉強不足』

不幸にして歯が抜けてしまった場合の治療法として広まってきた「インプラント」。しかし、1本40~60万円と、決して安くはないわりに、インプラントはトラブルの話も多い。そこで今回は、「日本橋インプラントセンター」の玉木仁所長に良心的な歯科医を見分けるポイントを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太