「こども」の記事一覧

なぜ子どもの交通事故は減らない?〜その理由は3~6歳でやっと視力1.0、視界は大人の6割!

子どもの死因の上位には「不慮の事故」が常に挙がっている。厚生労働省「平成25年人口動態統計」によれば、事故の原因には「窒息」や「溺死・溺水」に次いで「交通事故」が多い。 いわゆる「飛び出し事故」が大半を占めるわけだが、事故につながる複数の理由のひとつに、子どもの「目」が…続きを読む

なぜ子どもの交通事故は減らない?〜その理由は3~6歳でやっと視力1.0、視界は大人の6割!

赤ちゃんは「歩行」ができるようになると、独立心も自我も芽生える

「這えば立て立てば歩めの親心」と言うように、いつの時代も親は、子どもの成長を今か今かと心待ちするものだ。 ハイハイしていた赤ちゃんは、さまざまなステップを踏んで、1歳ころに「あんよ(歩行)」を始める。赤ちゃんがハイハイから立ち上がり、歩行するためには、中枢神経の回路や上…続きを読む

赤ちゃんは「歩行」ができるようになると、独立心も自我も芽生える

赤ちゃんの脳の「感受性期」には個人差がある! シナプスの刈り込みが悪いとADHDに!?

前回、話したように、ニューロンやシナプスの数が増えると脳が重くなり、3歳でおよそ1200g、5歳頃に成人とほぼ同じ1300〜1400gになる。三つ子の魂百までと言うように、3歳頃までに教育的な刺激を与えれば、赤ちゃんは高い能力を授かれると信じられていた時期があった。 だ…続きを読む

赤ちゃんの脳の「感受性期」には個人差がある! シナプスの刈り込みが悪いとADHDに!?
難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆