「こども」の記事一覧

赤ちゃんは10カ月ころから大人の表情・行動・状況を読めるようになる

生まれたばかりの赤ちゃんは、人の顔をじっと見たり、真似たりするだけだが、6カ月ころになると、表情や視線の意味を理解できるようになる。たとえば、お母さんが笑いながら「ダメ!」と言った時と、少し怒った顔で「ダメ!」と言った時では、赤ちゃんの反応がまったく違う。 喜怒哀楽の表…続きを読む

赤ちゃんは10カ月ころから大人の表情・行動・状況を読めるようになる

冬に大流行のノロウイルス対策は? 危険なのは二枚貝だけでなく感染者の吐瀉物なども

寒い冬は、家族の健康管理に気をつかう。子どものいる家庭は、特に感染症に注意が必要だ。インフルエンザや風邪など、子どもが罹りやすい感染症は少なくない。 平成26年の厚労省の食中毒統計検査によれば、食中毒に罹った患者約1万7935人のうち、およそ7割がウイルス、2割が細菌で…続きを読む

冬に大流行のノロウイルス対策は? 危険なのは二枚貝だけでなく感染者の吐瀉物なども

受動喫煙は子どもの「虫歯」にまで影響する! その発症リスクは最大で2.14倍

妻子が煙たがるのを気にせず自宅で吸ったり、路上でタバコをポイ捨てしたり……。男性なら誰でも、タバコを吸うのが当たり前という時代が、ほんの少し前まであった。なんと、高度成長期は、日本の成人男性の喫煙率は8割超もあったのだ。現在、成人男性の喫煙率は約3割にまで落ちている。 …続きを読む

受動喫煙は子どもの「虫歯」にまで影響する! その発症リスクは最大で2.14倍
HIVも予防できる 知っておくべき性感染症の検査と治療&予防法
世界的に増加する性感染症の実態 後編 あおぞらクリニック新橋院内田千秋院長

前編『コロナだけじゃない。世界中で毎年新たに3億7000万人超の性感染症』

毎年世界中で3億7000万人超の感染者があると言われる性感染症。しかも増加の傾向にある。性感染症専門のクリニックとしてその予防、検査、治療に取り組む内田千秋院長にお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

あおぞらクリニック新橋院院長。1967年、大阪市…

内田千秋

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子