「こども」の記事一覧

「フッ素」「キシリトール」が子どもの歯を守る? 知っておきたい活用法とデメリット

赤ちゃんの口には「虫歯菌」がいないことを知っているだろうか? 小さい子どもが虫歯にかかるのは、実は母親や周囲の人間から「感染」するせい。スプーンやコップを共有する、口にキスをするといったことで菌は感染する。 ……と、ここで赤ちゃんの可愛さに負けてチューした記憶を持つ人…続きを読む

「フッ素」「キシリトール」が子どもの歯を守る? 知っておきたい活用法とデメリット

『うんこ漢字ドリル』が大ヒットの一方で、小学生の半数が学校での大便を我慢の矛盾

『うんこ漢字ドリル』(文響社)が売れている――。「日本一楽しい漢字ドリル」と銘打って今年3月に発売。なんと、この出版不況下にあって、発売後約2カ月で発行部数148万を記録したとか。 例えば読みの練習問題として「田(た)んぼの どまんなかで うんこを ひろった」「火(ひ)…続きを読む

『うんこ漢字ドリル』が大ヒットの一方で、小学生の半数が学校での大便を我慢の矛盾

子どもが発熱してもあわてない! 薬を減らして免疫力を育てよう

小児科専門医の鳥海佳代子医師(とりうみ小児科院長)は、夫も小児科専門医で、双子の母親でもある。子どもが病気のときは夫が診察し、薬を処方していた。 医師が自分の家族や従業員を診察して治療を行うことを「自家診療」という。医師国民健康保険組合に加入している場合、自家診療の保険…続きを読む

子どもが発熱してもあわてない! 薬を減らして免疫力を育てよう
インプラント治療で失敗しないために良心的な歯科医を見分けるポイント
インタビュー「インプラントトラブルの実態」後編:日本橋インプラントセンター所長・玉木仁氏

前編『インプラント治療のトラブルの実態〜原因の多くは価格破壊と勉強不足』

不幸にして歯が抜けてしまった場合の治療法として広まってきた「インプラント」。しかし、1本40~60万円と、決して安くはないわりに、インプラントはトラブルの話も多い。そこで今回は、「日本橋インプラントセンター」の玉木仁所長に良心的な歯科医を見分けるポイントを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太