「こども」の記事一覧

子どもの「弱視」は10歳までに"親"が気づいて治療してあげることが大事

「ほとんど見えていないと思います」「生まれたばかりで、まだ目を使っていないので、2.0だと思います」「両親とも近視が強いので、この子も近視でしょうか?」...... 上記のコメントは、生後間もない赤ちゃんを目の前にして、親に「この子は、今どれくらいの視力があると思います…続きを読む

子どもの「弱視」は10歳までに

地域での子育てと仕事の両立を応援! 「ファミリー・サポート・センター」って?

子どもが体調を崩したときの保育は、働く親にとって仕事と子育ての両立にとっての大きな課題だ。基本的に保育所などは、「病児(病気になった子ども)」「病後児(病気から回復中の子ども)」を預かってはくれない。子どもが病気になったときに預ける「病児保育施設」も、全国的には少しずつ増…続きを読む

地域での子育てと仕事の両立を応援! 「ファミリー・サポート・センター」って?

赤ちゃんの泣き声は騒音か?  東京都では条例改正を検討中

現在、東京都議会では、子どもの声を騒音規制対象外にする条例改正が検討されている。現行の都環境確保条例では、「何人も規制基準を超える騒音を発してはならない」と規定があり、これがトラブルや訴訟の根拠とされてきたせいだ。 マンションなど集合住宅が多い都市部では、音に関しての問…続きを読む

赤ちゃんの泣き声は騒音か?  東京都では条例改正を検討中
難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆