「こども」の記事一覧

自閉症家族のバイブル! 『自閉症の僕が跳びはねる理由』でその世界を垣間みる

平成26年度(第69回)文化庁芸術祭のテレビ・ドキュメンタリー部門で、昨年8月にNHK教育テレビで放送された『君が僕の息子について教えてくれたこと』が大賞に選ばれた。 重度の自閉症で他人と会話がスムーズにできない東田直樹さんと、自閉症の息子をもつイギリス人作家デヴィッド…続きを読む

自閉症家族のバイブル! 『自閉症の僕が跳びはねる理由』でその世界を垣間みる

小児がん闘病記〜「子どもの命があとわずか」と知らされた両親と子どもの戦い

『陽介、パパがついてるぞ』(西田修/かもがわ出版) 著者の西田修さんは、京都大学医学部卒の医師。学生時代に知り合った妻と結婚し、3人の子どもが生まれ、京大病院の老年科で働いていました。ところが、1988年、小学2年生の次男・陽介くんが「B細胞性急性リンパ性白血病」を発症。きわ…続きを読む

小児がん闘病記〜「子どもの命があとわずか」と知らされた両親と子どもの戦い

女性の過剰な"ダイエット志向"が子どもの生活習慣病のリスクを高める!

TVにはスリムな女性タレントが次々登場し、巷にはダイエット情報が氾濫。小学生までも「太りたくない」と食べたいものを我慢するご時世だ。そんな日本女性の「やせ志向」がより顕著になっていることが、厚生労働省の「国民健康・栄養調査」で分かった。 調査では、2013年11月時…続きを読む

女性の過剰な
スマホでオンラインゲーム依存〜1日で課金15万円! 依存者は国内で420万人!?
インタビュー「スマホゲーム依存の実態と治療法」第1回:久里浜医療センター・樋口進院長

日本の成人のうち、ネット依存の傾向のある者は男性は4.5%、女性は3.6%。その数は約421万人と推計されるという。全国にさきがけてスマホゲーム依存症の治療に取り組んでいる独立行政法人国立病院機構久里浜医療センターの樋口進院長に、スマホゲーム依存の実態と治療法について訊いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

2017年4月より、はるひ呼吸器病院(愛知県)病…

堤寛

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curti…

三木貴弘