「こども」の記事一覧

子どもなのに抜け毛・薄毛......。化学物質を含まない無添加せっけんシャンプーでスキンケアを

子どもだというのに、抜け毛や薄毛に悩んでいるという事例が少なくありません。その原因を探ると、シャンプーやリンスの影響だということも。普段つかっているシャンプーやリンスをやめたら、抜け毛や薄毛が改善されたというケースが多いことからも、それは明らかです。 シャンプーやリンス…続きを読む

子どもなのに抜け毛・薄毛......。化学物質を含まない無添加せっけんシャンプーでスキンケアを

板橋区は"お迎えサービス付き"も! 病児保育の使いやすさと利用者のホンネ

病気になった子ども、回復期にある子どもを預かる「病児・病後児保育」。子育てをしながら安心して働くためには不可欠なものだ。働く女性の需要は多いが、病児・病後児保育を行える施設には限りがある。数少ない施設に利用希望が殺到するなど、現実は"使えない""使い勝手が悪い"ケースは少…続きを読む

板橋区は

「いびき」の背後に隠れた怖い病気!いびきが糖尿病や高血圧、心不全を引き起こす?

多忙な現代社会では、ゆっくりと休む時間がない分、「睡眠の質」に注目が集まっている。熟睡を妨げる原因の一つに「いびき」がある。その背後には恐ろしい病気が潜んでいることがあるため、医療界ではいびきは何らかの病気の症状として捉えられている。 いびきは、生活習慣の乱れから肌のト…続きを読む

「いびき」の背後に隠れた怖い病気!いびきが糖尿病や高血圧、心不全を引き起こす?
胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

くにたち駅前眼科クリニック院長。1986年、東京…

高橋現一郎

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇