栗原類さんが「注意欠陥障害」を克服できた理由~大人も苦しめられる「発達障害」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
kurihararui.jpg

注意欠陥障害に苦しんだ経験を告白した栗原類さん『発達障害の僕が輝ける場所をみつけられた理由』

 去年10月、モデルの栗原類さんは、発達障害のひとつであるADD(注意欠陥障害)に苦しんだ経験を告白した『発達障害の僕が輝ける場所をみつけられた理由』(KADOKAWA)を出版。3か月で15万部を突破する異例のヒットになっている。

栗原類さんがADD(注意欠陥障害)を克服できた理由は?

 イギリス人の父と日本人の母を持つ栗原類さんは、1994年生まれ。8歳の時、ニューヨークで発達障害と診断される。中学時代にメンズノンノなどのファッション誌にデビューし、19歳でパリコレにも華々しくデビューを果す。モデル・タレント・役者としてテレビ・ラジオ・舞台などで活躍中だ。そして2015年、自分がADDであることをテレビの情報番組で告白していた。

 栗原さんは、著書の中でなぜ自分の才能を生かす場所を見つけて輝けたのかを実直に語っている。その理由として、同じ障害がありながら自分を信じて導いてくれた母の温かな眼差しと愛情、アメリカの発達障害を受け入れるおおらかな生活環境、主治医からの真摯な励ましやアドバイス、自信を持たせてくれた英語とフランクな友人たちの支え、他人に愛されようと決めた強い決断と覚悟などを挙げている。

 ADDに伴う苦しい衝動性を抑えながら、苦手な対人コミュニケーションの壁を克服した栗原さん。そのひた向きな努力が、モデル・タレント・役者としての成功を手繰り寄せる大きなモチベーションになった。発達障害に悩む人なら、逆境に立ち向かった栗原さんの勇気や、夢を諦めない強かさに触発されるだろう。

エジソン、ディズニー、アインシュタイン、山下清、坂本竜馬……発達障害とは何か?

 栗原さんが苦悩し克服した発達障害――。歴史をひも解けば、多くの偉人や著名人が名を連ねる。トーマス・エジソン、ジョン・F・ケネディ、ウォルト・ディズニー、アルバート・アインシュタイン、パブロ・ピカソ、ビル・ゲイツ、スティーブ・ジョブズ、スティーブン・スピルバーグ、トム・クルーズ、山下清、坂本竜馬……。

 では、発達障害とは何か? 言語、移動、学習、セルフヘルプ、自立生活などの領域で、子どもが期待される発達段階に達しないために、肉体的な機能不全や精神的なハンディをもつ慢性的障害の総称、それが発達障害だ。

 厚労省は、脳機能の発達が関係する生まれつきの障害としているが、CDC(アメリカ疾病予防管理センター)は、問診や遺伝子検査などによって子どもの発育期に発見され、生涯を通じて続く障害と定義している。障害の程度は、発達年齢と実年齢との相違を表すDQ (developmental quotient)スコアによって判定される。

年末年始の血糖コントロール~「1日3食欠かさず食べる」の思い込みは捨てよう!
インタビュー「血糖値を上手にコントロールする年末年始の過ごし方」前編:角田圭子医師(駅前つのだクリニック院長)

これから増えるのが忘年会や新年会といった宴会。糖尿病予備軍の人も、そうでない人も、血糖値と体重が気になるのではないだろうか。血糖値をコントロールしながら年末年始を楽しく過ごすコツを、糖尿病外来を中心とした内科クリニックである「駅前つのだクリニック」の角田圭子院長にそのコツを訊いた。

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫