「病気一般」の記事一覧

怪我から復帰&電撃移籍の川崎フロンターレ齋藤学選手 実は“健康オタク”だった!?

右ひざ前十字靭帯損傷の大ケガをしながらも、奇跡の回復で復帰を果たしたJリーグ、川崎フロンターレの齋藤学選手。治療の最中、横浜F・マリノスからの移籍を決断、さまざまな環境の変化を乗り越え、現在はフロンターレで気持ちを新たに次なる目標に取り組む。 10月20日のヴィッセル神…続きを読む

怪我から復帰&電撃移籍の川崎フロンターレ齋藤学選手 実は“健康オタク”だった!?

米国で性感染症(STD)が4年連続で拡大! 耐性化で淋病が治らなくなる!?

米国で「性感染症(STD)」の拡大が続いている――。 米疾病対策センター(CDC)の調べによれば、米国では、2017年に淋病や梅毒、クラミジア感染症と診断された症例が230万人近くと、前年を大きく上回り4年連続で性感染症の拡大が続いている。 また、淋菌の抗菌薬耐性化…続きを読む

米国で性感染症(STD)が4年連続で拡大! 耐性化で淋病が治らなくなる!?

大竹まことさんが苦しむ腰痛、<腰椎分離症>で手術へ 復帰は来週か?

腰痛(腰椎分離症)のため都内の病院に入院中のタレントの大竹まことさん(69)が、今週中に手術を受けることが8月6日、分かった。大竹さんがラジオ番組のパーソナリティーを務める文化放送「大竹まこと ゴールデンラジオ」(月~金曜午後1時)で、コンビを務める太田英明アナウンサー、月…続きを読む

大竹まことさんが苦しむ腰痛、<腰椎分離症>で手術へ 復帰は来週か?
睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆