「病気一般」の記事一覧

子宮頸がんワクチン報道でわかる<メディアの愚> 欠如する「公共の福祉」の観点

日本のメディアに欠ける科学的素養について、子宮頸がんワクチンをテーマに述べたい。8月26日付けの毎日新聞が「 子宮頸がんワクチン ウイルス感染に9倍の差 再開求める」との日本産科婦人科学会の声明を報道した。一方、NHKは「子宮頸がんワクチン訴訟 原告代表『被害認めて』」と副…続きを読む

子宮頸がんワクチン報道でわかる<メディアの愚> 欠如する「公共の福祉」の観点

テレビゲームは「脳」に悪いのか?メリットを訴える研究の一方で統合失調症などのリスクも!?

モントリオール大学(カナダ)のGregory West氏らの研究グループは、アクション型のテレビゲームをプレイする人の脳の灰白質に萎縮が認められたとする研究論文を『Molecular Psychiatry』8月8日オンライン版に発表した(「HealthDay News」20…続きを読む

テレビゲームは「脳」に悪いのか?メリットを訴える研究の一方で統合失調症などのリスクも!?

猛暑に負けない栄養戦略! アウトドア&インドアの熱中症対策レシピを紹介

猛暑日が続き、熱中症の危険も高まっている。おいしくて栄養価の高いレシピで定評のある、栄養士でフードコーディネーターの若宮寿子氏に、猛暑に負けない栄養戦略を聞いた。室内で座っていても発症する熱中症 「室内だと、つい油断してしまいますが、屋外に劣らず熱中症の危険は高いの…続きを読む

猛暑に負けない栄養戦略! アウトドア&インドアの熱中症対策レシピを紹介
がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔