飲み残した抗菌薬を風邪やインフルエンザで飲んではだめ!不適切な使用で体はどうなるか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
飲み残した抗菌薬を風邪やインフルエンザで飲んではだめ!不適切な使用で体はどうなるかの画像1

抗菌薬の服用は決められたとおりに

 12月も半ば、インフルエンザシーズンが始まろうとしており、風邪も流行りやすくなる季節が到来した。ひょっとして、「インフルエンザは抗菌薬(抗生物質)を飲んで治す」と大きな誤解をしている人はいないだろうか? 抗菌薬は「細菌」の増殖を抑制したり、殺したりする働きのある薬のことであり、インフルエンザウイルスには効かない。

 そして風邪を引いたからといって、以前飲み残していた抗菌薬を服用することも禁忌だ。今、世界中で抗菌薬の誤った服用が大きな問題となっている。

 アメリカのある調査で、子どもに処方された抗菌薬の飲み残しを保管し、処方された子ども以外の兄弟に使う親が多いことがわかった。

 米コーエン小児医療センターのRuth Milanaik氏らの研究チームは、米国の子どもを持つ父母496人を対象に、抗菌薬の使用に関するオンライン調査を行い、「抗菌薬の不適切な使用は、薬剤耐性菌の増加をもたらす可能性がある」とする研究成果を米国小児科学会(AAP 2018年11月2~6日、米オーランド)に発表した。

 調査によれば、回答者の約48%が「抗菌薬が残った場合、処分せずに保存しておく」と回答。その73%は「飲み残した抗菌薬を兄弟以外の子どもや大人に渡したことがある」と回答したのだ。処方されてから数カ月後に、残った抗菌薬を別の人に渡したり、自身が残した抗菌薬を自分で使用した親もいた。飲み残した未使用の抗菌薬を使う最大の理由は「医療費を節約するため」だった。

 また、飲み残しの抗菌薬を使う時は処方された用量で使用するケースが多かったが、「使用する子どもの年齢に基づいた量を自身で推測して使う」親もいた。さらに、回答者の16%は「大人用の薬を子どもにも使わせたことがある」と回答した。

 Milanaik氏は「抗菌薬の不適切な使用は、処方されていないのに薬を服用する本人だけに危険が及ぶだけでなく、抗菌薬を必要とする全ての人に影響する問題だ」と強調している。

 子どもを持つ親は、抗菌薬の使用に関する正しい知識を身に付け、医師の指示がなく抗菌薬を使用することの危険性を理解することが重要だ。Milanaik氏は「抗菌薬の開発は医療に変革をもたらしたが、薬剤耐性菌の増加を避けるためには、医師がその適正使用と適切に処分することの大切さを啓発していく必要がある」と指摘している。

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆