歯周病の原因は食習慣にある!最新の知見に基づいた最も効果的な治療法とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
歯周病の原因は食習慣にある!最新の知見に基づいた最も効果的な治療法とは?の画像1

歯周病の原因は食事だった!

 今現在、日本において成人の8割が歯周病にかかっているといわれている。一体どのようにして歯周病は起こるのだろうか?

 日本では、歯周病はおもに細菌感染症であるとされ、その対策も歯周病菌の原因となる歯垢をブラッシング等で取り除くか、それでも治らなければ抗生剤療法が行われている。しかし、これはアメリカで新たに主流となりつつある見解とは相容れないものだという。

米国の最新医学が導き出した歯周病の驚くべき原因

「現に2012年のアメリカの歯周病学会において、歯周病は細菌感染症であるとの認識は覆されたと、当時の会長がコメントしています」
 
 そう語るのは、近著に『自然治癒力が上がる食事 名医が明かす虫歯からがんまで消えていく仕組』(ユサブル刊)がある、小峰歯科医院の小峰一雄院長だ。

「アメリカの歯周病学会が真の原因として挙げたのは、今までの健康的な食生活の常識を覆すようなもので、実はそれは私が長年の臨床経験を通して感じていたことを裏付けるものだったのです」
 
 小峰院長に、その“真の歯周病の原因”について聞いた。

胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

くにたち駅前眼科クリニック院長。1986年、東京…

高橋現一郎

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇