医療者が踊る、AKB48「恋するフォーチュンクッキー」~「幸運をすべての人間に!」

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
fortune.jpg

すべての人に幸運を!(shutterstock.com)

 21府県のがん患者約64万人を追跡調査した「5年後の生存率」が先日、国立がん研究センターなどの研究班から発表された。これは診断から5年後に生きているがん患者の割合が、日本人全体の5年後に比してどれくらいかを示すものだ。

 今回は2006~2008年にがんと診断された患者が対象とされた。同生存率は62.1%、過去2回の調査結果よりも3~5ポイント高めで、緩やかな向上を示した。あくまでも統計上の数値とはいえ「緩やかな向上」は、がんに罹った人、罹っている人にとっては少なからず朗報だろう。

 最近の新聞広告には、一部週刊誌の「あの薬はダメ!」「こんな医者はやめろ!」という特集見出しが競うように躍る。脅迫文めいていて、気分が萎えてくるほどだ。

 そんなテーマが各誌で特集されるのは、好調な売れ行きを支えているからにほかならない。医学・医療特集という鉱脈を採掘したかのような拡大・連発ぶりだ。

「知りすぎた患者」は損をする!?

 これらの医学・医療特集の源流は、やはり近年巷を騒がしてきた「抗がん剤論争」だろう。

 最近では「エビデンス(科学的根拠)」という言葉もすっかり市民権を得て、そんなキーワードを口にする患者の姿も珍しくなくなった。

 だが、他方でそういう<賢い読者(患者)>の増殖現象に一石を投じる、若手医師も現われている。患者に寄り添う新たな治療観の新潮流を形成しそうな勢いだ。

 <「医者と患者が対等」なんて大間違い! テレビで見た情報で自己診断してしまう「患者様」。やたらとレントゲンやMRIを撮りたがる「患者様」。ネットで医者の評判をチェックする「患者様」……。そんな「小利口な患者様」は、けっきょく損をする。それはなぜか?>

 これは内科医で感染症専門家の岩田健太郎氏の著書『患者様が医療を壊す』(新潮選書)の販促コピーである。最後には、こう謳っている。

 <「お医者さんはえらい」というフィクションを信じることから、ほんとうの「患者中心の医療」が始まる――。意外な視点から、医療現場の対立構造を解きほぐす、快刀乱麻の一冊。>

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆