あの「イブプロフェン」配合の薬に「難聴リスク」!? 市販薬に潜む新たな危険性……

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
413134129.jpg聞き慣れた「イブプロフェン」に難聴リスク?(shutterstock.com)

 市販薬を購入する際、ドラッグストアに積まれた数多くの薬の中から、どれを買ったらいいのか迷う、という人は多いだろう。

 知名度、値段、売れ筋、薬剤師のオススメ度、「〇〇配合」という効きそうな謳い文句……。さまざまな購入動機は挙げられるが、副作用やリスク情報まで心得て服用している人は少ないかもしれない。

 厚生労働省が改訂指示を出す薬の安全情報は、年に500件近くに上るといわれている。使い慣れた市販薬でも、心得るべき新たな副作用やリスク情報が加わることもあるのだ。

 今回、『American Journal of Epidemiology』(12月14日付オンライン版)に、多くの人が耳にしたことがあろう成分「イブプロフェン」「アセトアミノフェン」のリスクについて最新の知見が報告された。

 イブプロフェンやアセトアミノフェン配合の市販薬(頭痛薬や風邪薬)を長期使用していると、一部の女性に関しては「難聴リスク」が高まる――。そんな可能性が、米ブリガム・アンド・ウィメンズ病院のGary Curhan氏らの分析結果から読み取れたという。

事前研究でも「難聴」傾向が…

 Curhan氏らが今回の分析研究に際して採用したのは、看護師健康調査(NHS)に協力参加した女性層(48~73歳)のデータ。そのサンプル数は約5万5000人分に及ぶ。

 結果、イブプロフェンあるいはアセトアミノフェン配合の薬を「6年以上使用した女性」の場合、同じ使用期間が「1年以下の女性」に比べて、難聴になる可能性が高い確率が解読された。

 一方、昔から耳なじみのある「アスピリン」の長期使用(者)と難聴の関連性については有意が認められなかったそうだ。

 この研究陣は以前の研究報告においても、「アセトアミノフェン」あるいは「非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)」の使用量が増えると、男性および若齢女性層の難聴リスクが高まる可能性について言及していた。

 市販の風邪薬にも多く含まれているアセトアミノフェンは、坐剤やシロップとして子どもの解熱にも多用されている。坐剤の場合、4時間以上はあけて使わないと子どもの体温が下がり過ぎる危険に陥る。入手しやすいとはいえ、使用間隔を厳守すべき、十分に注意が必要な薬なのだ。

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆