「研究・調査」の記事一覧

地球上で最初の「遺伝物質」は隕石の衝突で誕生!再現実験で核酸塩基とアミノ酸の生成に成功!

地球に生命が芽生えたのはいつか? なぜ生命のルーツが辿れるのか? その解明の手がかりになる、日本発の実験研究が世界を驚かせている。 2015年8月17日の欧州科学雑誌『Eart and Planetary Science Letters』によれば、東北大学理学研究科の古…続きを読む

地球上で最初の「遺伝物質」は隕石の衝突で誕生!再現実験で核酸塩基とアミノ酸の生成に成功!

上半身は「類人猿」、下半身は「ヒト属」!新たに発見された「ホモ・ナレディ」は新種の人類か?

2013年9月10日、衝撃のニュースが世界を駆け巡った――。南アフリカ共和国の首都ヨハネスブルクから北西に約50km。スワルトクランスの南西約800mにある「ライジングスター洞窟」の奥深くから、幼児、成人、老人などの15個体、1550個もの人類化石が発見された。 人類の…続きを読む

上半身は「類人猿」、下半身は「ヒト属」!新たに発見された「ホモ・ナレディ」は新種の人類か?

AI(人工知能)で「新薬」の開発が変わる!国際競争力を培う産官学連携プロジェクトも始動

2016年、「創薬」の世界に空前絶後のパラダイムシフト(劇的な変化)が起きている。その兆しは捉え切れないほど速く、複合的だ。何が起きているのか? 台風の目は人工知能(AI)だ。ビッグデータから最新の情報と知見を再構築するAIを創薬に活かそうと、IBM Watsonやディ…続きを読む

AI(人工知能)で「新薬」の開発が変わる!国際競争力を培う産官学連携プロジェクトも始動
睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫