ポケモンGOで運動量は増えない? 歩数増加が長続きするにはどうすれば……

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
540536215.jpgポケモンGOが外出のきっかけに?(shutterstock.com)

 100以上の国や地域でプレイされている「ポケモンGO」。2016年7月に配信スタートするや日本でも大ブームとなり、さまざまな社会現象を引き起こしたのはご存じのとおり。

 集団での交通違反にとどまらず、車の運転中にポケモンGOに興じたあげく死亡事故まで起きた。

 その反面、自殺の名所として有名な福井県・東尋坊では、レアポケモンが出現するスポットとして人々でにぎわい、自殺者が激減したという効果が報じられた。

 また、注目された効果のひとつに<運動>がある。ポケモンを探しまわるうちに、意識せずとも活動量が増える。

 ところが先日、英医学誌『BMJ』(12月13日号)において、<ポケモンGOによる運動量増加は一過性のもの>という研究結果が報告された。

ポケモンGOによる運動量は持続しない?

 「ポケモンGO」は、プレーヤーに「全てのポケモンを捕まえたい」と思わせることで運動量を増加させるのではないかと、公衆衛生学の専門家は考えていた。

 だが、米ハーバード大学のEric Rimm氏らの研究では、このゲームは成人の身体活動レベルを短期間やや上昇させたが、その効果は長続きしなかったことが示された。

 ポケモンGOは、2016年7月に配信開始された、スマートフォンの位置情報に基づくバーチャルリアリティゲーム。プレーヤーはバーチャルのポケモンキャラクターや報酬を集めるために物理的に歩かなければならない。

 Rimm氏らは2016年8月、18~35歳のスマートフォン利用者約1200人を対象にオンライン調査を実施。

 調査の結果、回答者の約47%は、2時間ほど歩き回ると達成できる「トレーナーレベル」までゲームを実施していた。ゲームを始めて1週間目のプレーヤーでは、1日あたりの平均歩数は955歩増加した。

 これは<1日11分間>の歩行量増加に相当し、世界保健機関(WHO)の推奨する歩行量である<週150分以上>の約半分を占める。

 ところが、その後の5週間で歩数は徐々に減少し、6週目にはゲーム開始前と同じレベルに戻った。

 Rimm氏は、「今回の結果は、ポケモンGOの健康への影響はわずかである可能性があることを示している。少量の身体活動も健康には重要となりうるが、ポケモンGOによる歩数増加は、多くの運動介入と同様、長期間持続しない」とコメントしている。

がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

2017年4月より、はるひ呼吸器病院(愛知県)病…

堤寛

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curti…

三木貴弘

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真