食べる時間を変えるだけでダイエット! 「食事時間制限法」がこれまでの常識を変える?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
new_diet0130.jpgダイエットに最適な時間がある?(depositphotos.com)

 午前8時から午後2時までの間に食事をすませて、その後は水分だけで何も食べない生活をすると、ダイエット効果が現れた。こんな研究が注目されている。

 これまでも「8時間ダイエット」が話題になっていた。8時間ダイエットは、1日の内8時間の間だけ食事を摂り、それ以外には何も食べずに水分だけ摂って残りの16時間を過ごすという方法だ。

 8時間内に3食摂るのは結構難しい。おのずと2食にするか、すべてを軽めの食事にするかだ。そうすればカロリー総量が落ちて痩せられる。さらに食べない時間を増やすことで、内臓疲労の回復が期待でき、消化酵素の分泌を抑え代謝酵素がより働くようになり、痩せやすい体質になるなどと説明されてきた。

 しかし、今回発表された研究では食事パターンもカロリー摂取量もまったく同じに設定されている。夕食を午後2時に摂り、残りの時間は何も食べないで過ごすと、過体重者では空腹感が減り、夜間の脂肪燃焼が増えることが小規模研究で示されたのだ。

 筆頭著者である米アラバマ大学栄養科学部のCourtney Peterson氏らは、この方法は肥満を治癒するものではないが、減量法のひとつとなる可能性があり、大規模研究で効果を検証する価値があるとしている。

 この知見は、米ニューオーリンズで開催された米国肥満学会の年次集会で、11月3日に発表された。

眠れなければ、あえて「寝床から出ろ!」~ 良い睡眠を生む<起きている時間の過ごし方>
インタビュー「ビジネスパーソンのための睡眠学」第3回 働安全衛生総合研究所・産業疫学研究グループ部長:高橋正也氏

第1回「ビジネスパーソンのための睡眠学〜『4時間でも、ぐっすり眠れば大丈夫』は都市伝説」
第2回「すべての不眠に睡眠薬が効くわけではない~寝付けなければ『睡眠日記』で原因を探れ!」
第3回「眠れなければ、あえて『寝床から出ろ!』~ 良い睡眠を生む<起きている時間の過ごし方>」
勤務時間もプライベートも、パフォーマンスを高く保つために欠かせないのは、なんといっても健全な睡眠である。しかし、いまの日本には、睡眠時間を確保できなかったり、うまく眠れない人があまりにも多すぎる。ビジネスパーソンが正しく睡眠を取るためにはどうすればいいのか?労働安全衛生総合研究所で睡眠を専門に研究する産業疫学研究グループ部長の高橋正也氏に聞いた。

日本中毒学会評議員(同学会クリニカルトキシコロジ…

横山隆

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔

藤田保健衛生大学医学部第一病理学教授。慶應義塾大…

堤寛