食べる時間を変えるだけでダイエット! 「食事時間制限法」がこれまでの常識を変える?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
new_diet0130.jpgダイエットに最適な時間がある?(depositphotos.com)

 午前8時から午後2時までの間に食事をすませて、その後は水分だけで何も食べない生活をすると、ダイエット効果が現れた。こんな研究が注目されている。

 これまでも「8時間ダイエット」が話題になっていた。8時間ダイエットは、1日の内8時間の間だけ食事を摂り、それ以外には何も食べずに水分だけ摂って残りの16時間を過ごすという方法だ。

 8時間内に3食摂るのは結構難しい。おのずと2食にするか、すべてを軽めの食事にするかだ。そうすればカロリー総量が落ちて痩せられる。さらに食べない時間を増やすことで、内臓疲労の回復が期待でき、消化酵素の分泌を抑え代謝酵素がより働くようになり、痩せやすい体質になるなどと説明されてきた。

 しかし、今回発表された研究では食事パターンもカロリー摂取量もまったく同じに設定されている。夕食を午後2時に摂り、残りの時間は何も食べないで過ごすと、過体重者では空腹感が減り、夜間の脂肪燃焼が増えることが小規模研究で示されたのだ。

 筆頭著者である米アラバマ大学栄養科学部のCourtney Peterson氏らは、この方法は肥満を治癒するものではないが、減量法のひとつとなる可能性があり、大規模研究で効果を検証する価値があるとしている。

 この知見は、米ニューオーリンズで開催された米国肥満学会の年次集会で、11月3日に発表された。

妊活で<シチュエーションを変える>も吉~不妊治療は互いの愛情の確認から始めよう
インタビュー「『射精障害』での不妊が増えている」第3回:岡田弘医師(獨協医科大学埼玉医療センター・泌尿器科主任教授)

「非婚化」「晩婚化」と並んで、結婚した夫婦の間でも子どもができなくなっていることが、人口減少の一因であることは論をまたない。獨協医科大学埼玉医療センターの泌尿器科主任教授・岡田弘氏の診察室には、男性が原因で不妊となっている夫婦が数多く訪れる。なかでも近年、急速に増えているのが、挿入はできるけれど、女性の中で射精できない「膣内射精障害」だという。

Doctors Select

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆