最高のダイエット法は「DASH食」? 7年連続で人気ナンバーワンの食事法とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
16212321_s-2015.jpg

7年連続で人気ナンバーワンの「DASH食」とは?(http://jp.depositphotos.com)

 体重80キロ以上の総称「ODB12」こと「おデブ女子」の12名が、アイドルをめざして90日間のダイエットに挑戦した。

 最終軽量の上位成功組5人は「神ファイブ」として前列で踊れ、最も痩せたダイエッターがセンターで歌えるというTV番組企画だ。

 話題を集めたのは『おデブがアイドルに大変身!ダイエット総選挙2017』(1月11日放送、TBS/MBS系)。なかには主食がお菓子でどら焼きに練乳掛けという女芸人も含まれていた。

 12名はチームに分けられ、①グルテンフリーダイエット、②8時間ダイエット、③餃子ダイエット、④MCTダイエットの4つのダイエット法に各自が挑んだ。

 一方、怒涛の大統領選を終え、新大統領就任式(1月20日)を目前に控えた米国では、『U.S.News & World Report』が恒例の年間ダイエット法ランキングを掲載。今年も「DASH食」が堂々の1位に選出され、7年連続の栄冠に輝いた。

7年連続首位のDASH食とは?

 このDASH(食)とは、正式名称「Dietary Approaches to Stop Hypertension(高血圧予防のための食事法)」の略。第2位の「地中海食」や、近年支持を集めるその他多くの食事法と同じく、その中心を占めるのは、全粒穀類、野菜、くだもの、魚、鶏肉、脂肪のない肉、低脂肪・無脂肪乳などである。

 2位以下を紹介しておくと、第3位が首位のDASH食と2位の地中海食の二大要素をいいトコ採りしたような「MIND食」で、これはアルツハイマー病を予防するのに効果的とされている。

 続く4位は、4種のダイエット法が同点で肩を並べ、純菜食主義を意味する「フレキシタリアン」、一日の脂肪摂取量を設定・制限する「TLC(TherapeuticLifestyle Changes)ダイエット」、体重監視の方法である「ウエイトウォッチャー」ダイエット、そして採食を基本とする「メイヨー・クリニック・ダイエット」という結果だった。

 いわば「神セブン」とも呼べるこの結果を前にして、「米国生活習慣医学会(ACML)」のDavid Katz氏はこんな総評を寄せている。

 「全体的にどの食事法も似通っている点は否めないが、問題は各個人に合致する有効な食事法はどれか、それを見極めることだ。(挫折や頓挫せずに)実際に自分が続けられる方法が、その人にとっての最善だといえる」

眠れなければ、あえて「寝床から出ろ!」~ 良い睡眠を生む<起きている時間の過ごし方>
インタビュー「ビジネスパーソンのための睡眠学」第3回 働安全衛生総合研究所・産業疫学研究グループ部長:高橋正也氏

第1回「ビジネスパーソンのための睡眠学〜『4時間でも、ぐっすり眠れば大丈夫』は都市伝説」
第2回「すべての不眠に睡眠薬が効くわけではない~寝付けなければ『睡眠日記』で原因を探れ!」
第3回「眠れなければ、あえて『寝床から出ろ!』~ 良い睡眠を生む<起きている時間の過ごし方>」
勤務時間もプライベートも、パフォーマンスを高く保つために欠かせないのは、なんといっても健全な睡眠である。しかし、いまの日本には、睡眠時間を確保できなかったり、うまく眠れない人があまりにも多すぎる。ビジネスパーソンが正しく睡眠を取るためにはどうすればいいのか?労働安全衛生総合研究所で睡眠を専門に研究する産業疫学研究グループ部長の高橋正也氏に聞いた。

日本中毒学会評議員(同学会クリニカルトキシコロジ…

横山隆

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔

藤田保健衛生大学医学部第一病理学教授。慶應義塾大…

堤寛