「目肌焼け」予防にサングラスを! 肌のシミの原因は<目からの紫外線>?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「目肌焼け」予防にサングラスを! 肌のシミの原因は<目からの紫外線>?の画像1

目から入る紫外線でも日焼けやシミの原因に(depositphotos.com)

 目に〇〇〇が入ると角膜に炎症が起き、目のダメージを察知した□は、日焼けやシミの元となる△△△△を体内に発生させる。それは最近のマウス実験で明らかにされ、ヒトにも高確率で起こりうる現象だといわれる――。

 さて、あなたは上記の〇□△の空欄を埋められただろうか? 正解は〇が「紫外線」、□が「脳」、△が「メラニン」である。

 ああ、紫外線対策のお話ね? それなら、私の場合は大丈夫。毎日、カーテンを開ける時から日焼け止めを塗ってるし、外出時は日傘を持参し、ふだんから帽子やサンバイザーを使い分けていますからご心配なく……。

 いや、そんな聞き流し組の女性ほど、上記の問いに答えられないか、正解を知ってむしろ驚かれたのではなかろうか。要は、ご自身では「万全」と思っていた日焼け対策では不十分だったと宣告されたに等しいのだから……。

 そう、目から入る紫外線は顔や体の日焼けの元、お肌対策ばかりに気を配り、目のUVケアを怠れば効果ゼロという次第なのだ。

目から入る肌への悪影響を「目肌焼け」と命名

 事実、目から入る紫外線の肌への悪影響を「目肌焼け」と定義(命名)し、その対策に向けた啓発を目的として「SHADE SKIN PROJECT」という活動組織も立ち上がった。発起メンバーには、眼科医、皮膚科医、大学教授、イメージコンサルタントらの専門家筋がずらりと顔を揃えている。

 多量の紫外線を浴びると起きる目の病気としては、白内障角膜炎黄斑変性症や瞼裂斑、翼状片などがある。その前段の、充血、眼精疲労、ドライアイも侮れない紫外線の悪影響だ。

 その手っ取り早い対策として、誰もが即座に思い浮かべるのが、サングラスの利用だろう。しかしこれについても、前掲プロジェクトによる調査が、意外な(?)な実情を浮き彫りにしている。

 まずは前述の「目肌焼け」に関して全国の20~50代の女性500人対象に意識調査をした。「目から入る紫外線が肌のメラニンの生成を促し日焼けやシミの原因になること(=目肌焼け)」は、6割の女性が「知っている」と回答。

 しかし、普段から紫外線対策をしている層に、その目肌対策に効果的な「サングラスの着用」を問うと、実践派は3割未満に減った。

 これに、そもそも紫外線対策には無頓着な層を加えれば、その割合は実に8割以上となった。これではせっかくの(メラニン色素の多い)黒い瞳も、泣きそうな有り様。オゾン層の破壊が懸念されている豪州など、小学生のサングラス着用まで義務付けられているというのに……。

子どもが発熱してもあわてない! 薬を減らして免疫力を育てよう
インタビュー「飲むべきか、飲まざるべきか、それが薬の大問題」第1回・とりうみ小児科院長・鳥海佳代子医師

過剰医療を招く一因ともいわれる、わが国の医療機関への「出来高払い制」。国民皆保険制度によって恵まれた医療を享受できる一方、<お薬好き>の国民性も生み出す功罪の両面がある。薬は必要なときに、必要な分だけ――限りある医療資源を有効に使う私たちの賢い選択とは? とりうみ小児科の鳥海佳代子院長に訊く。

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志