ビジネスマンのための疲労回復専用ジムとは?ストレッチとマインドフルネスで仕事に好影響

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ビジネスマンのための「疲労回復専用ジム」とは?「ストレッチ」と「マインドフルネス」で仕事にも好影響の画像1

2017年6月にオープンしたビジネスマンのための疲労回復専用ジム「ZERO GYM」(写真は同社のHPより)

 知らず知らず溜まっていくストレスや疲れが原因で、仕事の効率が上がらなくなる、意欲がわかなくなるなどの悩みを抱える30〜40代のサラリーマンは多いのではないだろうか。

 東京都・千駄ヶ谷に昨年(2017年)6月にオープンした「ZERO GYM」は、そんなビジネスパーソンのための疲労回復専用のジムだ。「ストレッチ」と「マインドフルネス」を組み合わせた独自のメソッドで、身体疲労や脳疲労にアプローチを試み、サラリーマンの健康改善やビジネスの場でのパフォーマンスアップをサポートする。

 ジムでは、肩凝り、腰痛、筋力低下、猫背、肥満、運動不足といったサラリーマンの抱える体の問題や、眠気、倦怠感、集中力の低下、イライラ、やる気が出ないなどのメンタルの問題を、次の4つのステップで解消していく。

①ストレッチ(ほぐす)
②自重トレーニング(流す)
③瞑想・マインドフルネス(緩める)
④脱力(抜く)

 まず、体を適度に動かすことで脳が休息しやすい状態を作り出し、その後、瞑想などによって脳の疲れをリセットして、「最高の脱力(ZERO)」へ繋げるというメソッドだ。疲労回復の効果だけでなく、仕事でのベストコンディション作りに繋がると評判を呼び、オープンから1年で多くの利用者を獲得している。

「マインドフルネス」との出会いが契機に

 「ZERO GYM」を経営するのは株式会社ビジネスライフの小早川幸一郎氏だ。小早川氏は、同ジムの運営と並行して、「クロスメディア・パブリッシング」というビジネス書の出版社を経営している。この出版社で2015年から刊行している、健康をテーマに盛り込んだ「ビジネスライフ」シリーズがヒット。ジムを立ち上げる契機になったという。

 コンテンツマーケティング部長を務める高橋孝介氏は「『ビジネスライフ』は、睡眠や食事をテーマにしたシリーズで、そこを整えることでビジネスの面でもパフォーマンスアップしましょうという内容だったんですけど、これがとにかく好調だったんです」と当時を振り返る。

 ヒットの中で重要なキーワードとなったのが、精神疾患などに効果をもたらす「マインドフルネス」の理論だったという。「それをリアルにできる場所が日本にはない」という素朴な疑問から「ZERO GYM」の構想が持ち上がった。

 「マインドフルネスと言っても、世の中の人には、なかなか伝わらない。このマインドフルネスで解決するものを『脳疲労の回復』と自分たちは定義したんです。身体疲労と脳疲労の両方取り除けるようなものがいいねって」とジムの構想は、その後、どんどん具体化していった。

胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

くにたち駅前眼科クリニック院長。1986年、東京…

高橋現一郎

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇