デトックスはサウナ・運動よりも快便が効果的~汗2リットルで毒素排出はわずか1%?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
デトックスはサウナ・運動よりも快便が効果的~汗2リットルで毒素排出はわずか1%?の画像1

サウナでストレス解消してもデトックス効果は?(depositphotos.com)

 数ある美容健康法のひとつとして、毒素や老廃物を排出して体の中を浄化するという「デトックス(解毒)」が一般的になったのは、ここ10年くらいのことだろうか。

 インターネットを「デトックス」で検索してみれば、ミネラルウォーターやいろいろな種類のお茶に加えて、岩盤浴、サウナ、ヨガ、半身浴など、「発汗」に関する情報がヒットする。

 なるほど、それらを読んでいれば、水分をたくさん飲んでどんどん汗をかけば、体の内側から健康になれるイメージが強い。

 しかし先日、「汗のデトックス効果は都市伝説」と結論づける記事が、「ナショナルジオグラフィック日本版」に掲載されて話題を呼んでいる。

 こと毒素の排出でいえば、「発汗」はほとんど役に立っていないというのだ。

2リットルの汗でも毒の排出は1%未満

  

 この記事は、2018年初めに学術誌『Environment International』に掲載された研究報告を取り上げたもの。今回の研究を率いたパスカル・インベルト氏は、カナダ・オタワ大学の運動生理学者で、体脂肪に蓄積する汚染物質の研究者だ。

 それらの物質は「POPs(残留性有機汚染物質)」と呼ばれる。

 自然に分解されにくく、生物濃縮によって人体や生態系に害をおよぼす有機物で、ダイオキシン類、ポリ塩化ビフェニル(PCB)、DDTなどがある。脂肪に引き寄せられる性質があるため、大部分が水でできている汗には溶けにくいという。

 今回インベルト氏らは、発汗によって排出される毒素の量を調べた。すると、成人が1日45分の激しい運動をした時、1日の発汗量は計2リットルほどになったが、それだけの量の汗にも汚染物質はわずか0.1ナノグラム以下しか含まれていなかった。

 それは毎日の食生活で体内に取り込む汚染物質のうちの0.02〜0.04%にすぎない。つまり、激しい運動やサウナや岩盤浴でどんなに汗を絞ったところで、その日に摂取した汚染物質の1%も排出されないというのだ。

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆