デトックスはサウナ・運動よりも快便が効果的~汗2リットルで毒素排出はわずか1%?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
デトックスはサウナ・運動よりも快便が効果的~汗2リットルで毒素排出はわずか1%?の画像1

サウナでストレス解消してもデトックス効果は?(depositphotos.com)

 数ある美容健康法のひとつとして、毒素や老廃物を排出して体の中を浄化するという「デトックス(解毒)」が一般的になったのは、ここ10年くらいのことだろうか。

 インターネットを「デトックス」で検索してみれば、ミネラルウォーターやいろいろな種類のお茶に加えて、岩盤浴、サウナ、ヨガ、半身浴など、「発汗」に関する情報がヒットする。

 なるほど、それらを読んでいれば、水分をたくさん飲んでどんどん汗をかけば、体の内側から健康になれるイメージが強い。

 しかし先日、「汗のデトックス効果は都市伝説」と結論づける記事が、「ナショナルジオグラフィック日本版」に掲載されて話題を呼んでいる。

 こと毒素の排出でいえば、「発汗」はほとんど役に立っていないというのだ。

2リットルの汗でも毒の排出は1%未満

  

 この記事は、2018年初めに学術誌『Environment International』に掲載された研究報告を取り上げたもの。今回の研究を率いたパスカル・インベルト氏は、カナダ・オタワ大学の運動生理学者で、体脂肪に蓄積する汚染物質の研究者だ。

 それらの物質は「POPs(残留性有機汚染物質)」と呼ばれる。

 自然に分解されにくく、生物濃縮によって人体や生態系に害をおよぼす有機物で、ダイオキシン類、ポリ塩化ビフェニル(PCB)、DDTなどがある。脂肪に引き寄せられる性質があるため、大部分が水でできている汗には溶けにくいという。

 今回インベルト氏らは、発汗によって排出される毒素の量を調べた。すると、成人が1日45分の激しい運動をした時、1日の発汗量は計2リットルほどになったが、それだけの量の汗にも汚染物質はわずか0.1ナノグラム以下しか含まれていなかった。

 それは毎日の食生活で体内に取り込む汚染物質のうちの0.02〜0.04%にすぎない。つまり、激しい運動やサウナや岩盤浴でどんなに汗を絞ったところで、その日に摂取した汚染物質の1%も排出されないというのだ。

睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆