シリーズ「再生医療の現場では」

深い「ほうれい線」も改善する皮膚再生治療とは?濃縮した血小板に成長因子を加える「FGF添加PRP療法」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
深い「ほうれい線」も改善する皮膚再生治療とは?濃縮した血小板に成長因子を加える「FGF添加PRP療法」の画像1

深い「ほうれい線」も改善する皮膚再生治療とは?(depositphotos.com)

 PRP(自己多血小板血漿:Platelet Rich Plasma)という治療法を聞いたことがあるだろうか? 自己血から採取した血小板を濃縮し、傷やシワなどの患部に注入。傷やほうれい線、シワなどを改善していく。しかし効果には個人差があり、結果への満足度は5割程度に留まっていた※。(※聖心美容クリニック調べ)

 しかし、このPRPにFGF(細胞増殖因子:Fibroblast Growth Factors)という成長因子を加えることで効果が高まり、作用も長期間持続することがわかっている。

 皮膚の再生医療である「FGF添加PRP療法」について豊富な治療経験を持つ、聖心美容クリニック・鎌倉達郎統括院長に詳しく話を聞いた。

成長因子を加えることで高い満足度を得る

 そもそも血小板を濃縮することで、どうして皮膚が再生されるのだろうか? その謎は、血小板が傷を治すメカニズムを理解するとわかる。

 人の身体は傷ができると、まず血を止めようとする。止血するための材料を持った血小板が集まってきて、患部にペタペタと張り付く。そして次に、血小板が何種類かの成長因子を放出して、傷を修復するための細胞が集められる。そうすることでコラーゲンが作られ始め、傷が治ってゆく。このメカニズムを利用するのがPRP療法だ。

 では、どうして成長因子を添加すると効果が高まるのだろうか?

 「FGF添加PRP療法では、自己血から採取して3〜8倍に濃縮した血小板に、血小板から成長因子を出やすくする薬剤を一緒に注射する。そうすると信号が繊維芽細胞に伝わりやすくなり、素早くコラーゲンを作り始める。深いシワは、コラーゲンの塊である真皮層の断裂なので、コラーゲンが生成されることでシワが改善されるというメカニズムです」と鎌倉統括院長は解説する。

深い「ほうれい線」も改善する皮膚再生治療とは?濃縮した血小板に成長因子を加える「FGF添加PRP療法」の画像2

【50代女性・ほうれい線の若返り】写真左:FGF添加PRP療法(治療前)/写真右:FGF添加PRP療法(治療3か月後)

 FGFを添加しないPRP療法単体だと、効果に満足していると回答した患者さんがおよそ5割に留まるというデータがある※。血小板の働き(成長因子の出方)には個人差があるため、FGFを添加しないPRP療法単体では満足度にはバラツキが見られるのだという。(※聖心美容クリニック調べ)

 次のページでは治療を受ける際の医療機関の選び方などについて解説する。

胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

くにたち駅前眼科クリニック院長。1986年、東京…

高橋現一郎

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇