「アンチエイジング」の記事一覧

"あぐら"できますか? 増えている股関節の機能不全が不調を招く!

「胡坐(あぐら)」ができますか? ヨガの座り方の基本となる「あぐら」。この姿勢をとることがつらいという人が増えています。しかし、そんな人でも昔はできていたはず。 日本人の多くが、畳の生活から床、椅子をメインとする生活様式に移り、あぐらをかく場面が日常の中で少なくなりました。…続きを読む

あの回数を増やすと"若返りホルモン"が分泌される!?

あなたのそばにいる元気なお年寄りには、何か共通するものがないだろうか?  その一つに、「歯がたくさんあって何でも食べることができる」という点があるはずだ。物をしっかり噛むことでボケを防ぎ、そのことがアンチエイジングにつながっている。 食物を噛むことを「咀嚼」という。咀…続きを読む

あの回数を増やすと

乾燥シワ、過敏な肌の痒み...... 肌老化を減速させるコツとは?

これからの季節は、乾燥肌に悩む人が一段と増えてくる。どうしても気温と湿度が下がる冬は肌の水分が蒸発しやすくなる。そして、そのダメージの蓄積が現われてくるからだ。 肌の乾燥の根本的な原因は、皮膚の一番上にある厚さ0.01~0.03mmの「角層(角質層)」の状態にある。角…続きを読む

乾燥シワ、過敏な肌の痒み...... 肌老化を減速させるコツとは?
インプラント治療で失敗しないために良心的な歯科医を見分けるポイント
インタビュー「インプラントトラブルの実態」後編:日本橋インプラントセンター所長・玉木仁氏

前編『インプラント治療のトラブルの実態〜原因の多くは価格破壊と勉強不足』

不幸にして歯が抜けてしまった場合の治療法として広まってきた「インプラント」。しかし、1本40~60万円と、決して安くはないわりに、インプラントはトラブルの話も多い。そこで今回は、「日本橋インプラントセンター」の玉木仁所長に良心的な歯科医を見分けるポイントを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太