「アンチエイジング」の記事一覧

「老け顔」は体内で老化が進んでいる証? 顔面の3D分析で「実年齢」が判明!?

いつの頃からだろうか、巷に「アンチエイジング」に関する情報や商品があふれかえり、「美魔女」がもてはやされるようになったのは――。美に敏感な女性にかぎらず、男性の間でも「実年齢よりも若く見えているか」を気にする人が増えているようだ。 この「実年齢より若い」という気になる…続きを読む

「老け顔」は体内で老化が進んでいる証? 顔面の3D分析で「実年齢」が判明!?

"フレーバーデザイン"は5種類の味と1万種類の匂いの掛け合わせ!?

風邪をひいたり、鼻炎になったりして、食べ物の味がわからなくなったことは、誰もが一度は経験したことがあるだろう。一方で、料理の美味しそうな匂いを嗅げば、条件反射で自然とお腹が鳴る。 こうした嗅覚と味覚の関係を利用した製品づくりは、20世紀から盛んに行われている。香料の化…続きを読む

あの回数を増やすと"若返りホルモン"が分泌される!?

あなたのそばにいる元気なお年寄りには、何か共通するものがないだろうか?  その一つに、「歯がたくさんあって何でも食べることができる」という点があるはずだ。物をしっかり噛むことでボケを防ぎ、そのことがアンチエイジングにつながっている。 食物を噛むことを「咀嚼」という。咀…続きを読む

あの回数を増やすと
睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫