「アンチエイジング」の記事一覧

フランスではアートセラピーとして活用される「大人の塗り絵」~右脳の活性化にも有効

「大人の塗り絵」が注目されて久しいが、高齢者のレクリエーションやリタイア世代の娯楽、あるいは、手先を動かすことによる認知症予防や脳トレのようなポジションにとどまっているようだ。 一方、アートが人々の暮らしに根付いているヨーロッパ、なかでもフランスでは、塗り絵(コロリアー…続きを読む

フランスではアートセラピーとして活用される「大人の塗り絵」~右脳の活性化にも有効

コーヒー党に朗報、一日5杯で長生き!? 香りや苦みの元がカラダの酸化を防ぐ

朝イチのコーヒーを毎日の習慣にしている人は多いことだろう。最近では、街のカフェやコンビニエンスストアなどで、いつでも気軽に淹れたてを味わうことができ、コーヒー好きには恵まれた環境が整っている。 そんなコーヒー好きに朗報!? コーヒーを日常的に飲む人のほうが、飲まない人よ…続きを読む

コーヒー党に朗報、一日5杯で長生き!? 香りや苦みの元がカラダの酸化を防ぐ

「コンビニ健診」で医療費抑制!? 地域の健康拠点としてのコンビニの可能性

コンビニエンスストアで気軽に受けられる「コンビニ健診」というものが、2年前から実施されている。メタボリックシンドロームに着目し、病気を予防することを目的とした「特定健診」や「がん検診」などがメニューだ。 がんや生活習慣病などの早期発見や予防ができる健診が、身近なコンビ…続きを読む

「コンビニ健診」で医療費抑制!? 地域の健康拠点としてのコンビニの可能性
睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆