「アンチエイジング」の記事一覧

「見た目の劣化」は過度の飲酒やタバコが招いた結果かも…

年末・年始の飲み過ぎには、なにかと注意を怠るまい。そう思って臨んでも、ついついキャパ越えしてまで飲んでしまうのが、この時期の常である。 が、無礼講な酒席や二次会での「過度の飲み過ぎ」だけはやはり慎みたい。しかも当初の非喫煙組への遠慮もどこへやら、杯を重ねるほどに辺り構わ…続きを読む

「見た目の劣化」は過度の飲酒やタバコが招いた結果かも…

ダンスで脳が若返る! 運動で記憶を司る「海馬」が増加してアルツハイマー病を予防

最近、ドイツの神経変性疾患センターの研究者らが「定期的に身体活動に参加している高齢者は脳の加齢による変化を食い止めることができる兆候が現れた」という研究結果を論文にまとめた。 研究の概要は、63〜80歳の52名の健康な高齢者を対象に検討を行い、ランダムに2群に分けて、1…続きを読む

ダンスで脳が若返る! 運動で記憶を司る「海馬」が増加してアルツハイマー病を予防

脳機能もアップ! 「はだし」が健康によい理由

日ごとに日差しが強くなり、グンと気温が上がってきた。公園では子どもたちがはだしになって走り回っている。 はだしになりたい――という欲求がムクムクと湧いてくるのは、子どもだけではないだろう。 芝生や砂浜をはだしで歩いたときの、えも言われぬ心地よさ。はだしでのびのびと過…続きを読む

脳機能もアップ! 「はだし」が健康によい理由
胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

くにたち駅前眼科クリニック院長。1986年、東京…

高橋現一郎

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇